イッサ研究所

会社員や転職者や起業家などに役立つ情報を発信するブログです。

仕事の適性とキャリアプランについて

ども、ブロガー講演家のイッサです。

 

今回のテーマは、仕事の適性とキャリアプランです。

 

 

おすすめ記事

 

ブログ型アフィリエイトの完全講義【ブログ歴6年の僕の集大成です】 | マナブ | Brain

 

営業や集客の悩みを根本解決!!成功者の考え方と在り方を身につけるトレーニングツール! | ひめさとこ | Brain

 

noteでほぼ不労収入を作る明確な手順公開! | 山田の小金稼ぎ!! | Brain

 

f:id:destiny6711:20200326231730j:plain

仕事の適性とキャリアプラン

 

仕事を決める時には、自分にどんな適性があるかを知ることが大事です。

 

適性がわかったら、将来のキャリアプランを作成しましょう。仕事を始めてみたものの、想像していた仕事を違うからと、ほんの数ヶ月で退職してしまう人も多いと聞きます。多くの人が、仕事を始めてからさほど歳月が経過していないのに辞めてしまったりします。社会の風潮の影響もあり、仕事を変えること自体はよくある話となっています。

 

転職という言葉は普通に使われており、転職を1度もせずに、1つの会社に生涯勤務し続けると人の方が最近では少なくなってきています。

 

転職がよくある話といっても、むやみに仕事を変えることは結果的に社会的な信用を落としてしまいます。当人に問題があって、長く働くことができない人間である可能性を疑われてしまうためです。自分の評価を下げない為にも、自分の適性に合った仕事を見つけることができたら、まずは自分のキャリアプランを作ってみることが大切です。

 

キャリアプランとは、自分の適性や将来への展望、どんなことを優先して生きていきたいかによって仕事への考え方をまとめることです。

 

学生時代の生活を振り返ってみて、自分の満足度はどのぐらいだったか確認していきます。キャリアプランをつくる上では、今までに会ってきた中で強い印象を持った人や、目標にしてきた人を思い出します。人生の中で成功して事や失敗した事などを細かく振り返る作業をしていきます。現在の自分を見つめなおして、スキルや能力なども明確にしていきます。将来的な自分の姿をはっきり描くために、今までの自分が何をしてきたかを思い出します。

 

これからどんなスタイルで仕事を続けていきたいか、十年後、二十年後の自分はどうなっていたいかを考えましょう。自分の人生を振り返りながらキャリアプランを考えることで、自分の就きたい仕事や適性が少しずつ見えてくるようになります。

 

仕事の適性とは

 

自分の適性や能力を踏まえて仕事を選択することは、非常に大事なことといえます。

 

人と話す能力が高くて社交的な人は営業や販売の仕事に向いています。会話が得意ではなく、人とうち解けるまでに時間がかかるという人は、営業の仕事を続けることは困難だといえます。勿論仕事の適性だけでは、仕事は選ぶのは難しいと思いますが、参考にはなるものです。適性を第一に考えて仕事を決めるという方法は、必ずしも正しいものではないようです。

 

大学の就職課などで、一度は仕事の適性検査をして見なさいなどと言われる事があります。

 

しかし、適性検査で出た結果をうのみにして仕事を選ぶことが、正しい選択とは限りません。適性検査の結果、経理関係の仕事の適性が高いと出たとします。人によっては、経理に適性があったとしても、それよりずっとやりたいことがあるという人もいます。仕事の適性があっても、自分でしたくなければ無理にその仕事は選ばなくても良いと思います。

 

適性があるなら試してみたいと考えることそのものはいいことでしょう。仕事の適性があるということで、どうしても選ばなくてはならないと言うものではないと言う事を覚えておきましょう。

 

f:id:destiny6711:20200326231950j:plain

仕事の選択をする時の方法と注意点

 

納得のいく転職活動をするためには、仕事を選択する時の基準をどうするかや、どんな手段で仕事を探すかが重要です。

 

今まで、どのような仕事をしてきたかを、一度きちんと振り返ってみることが、転職活動の基盤になります。漠然と仕事が辛いから辞めて、他の会社に転職したいという考えでは、後から後悔する事になります。一度きちんと今の仕事に目を向けて、退職以外の選択肢はないのか、現在に至るまでどんなことをしたきたかを考えてみることです。転職活動を行う時には、年齢は重要な問題になります。

 

一般的に若い人のほうが転職しやすく、ある程度年を取るとポストも少なくなります。

 

今までに経験がない仕事を選ぼうとすると大変ですが、同業種の経験がある人なら、即戦力扱いでの採用もおこりえます。現代に至るまでの職歴や資格を活かした転職活動をすれば、意外と簡単に就職できるかもしれません。転職活動を始める時に意識したいことは、自分が本当はどんな仕事がしたいと思っているかです。漠然と売り手市場だから、どこでも働けると考えての転職であればとても危険です。

 

一つの会社に長く勤めることができないような人は、転職先を探そうとしても警戒されることもよくあります。

 

一旦採用されても、すぐにやめてしまうのではないかと思われたら、転職活動がうまくいかなくなってしまうでしょう。どんな事情で退職及び転職を決めたかはその人の状況によって色々ですが、納得のいく結論を出せるようによく考えることが大事です。

 

自分に向いた仕事

 

どんな仕事が向いているのか、どんな仕事をこれからしていきたいのか考えることがあります。

 

多くの人がまず自分の適職は何なのかを考えるのは、就職先を探す時です。必ずしも好きな仕事と向いた仕事が一致するとは決まっていません。自分が自分のことを一番良く知っているとも決して言えないでしょう。仕事についてさまざまな角度から検討できるように、適職診断などを受けたり身近な人から意見を聞いたりしましょう。

 

興味がある仕事の分野は何か、人との交流かデータの分析か物づくりか。様々な仕事が世の中には存在します。

 

1つとは限らないのは、自分に向いた仕事です。自己分析や適職診断で出した結論が正しいとも決して言えないでしょう。自分に向いた仕事は何なのかは、実際のところやってみなければ分らないといえるでしょう。まず不可能なのは、仕事の内容を何もかも事前に頭に描くことなのです。どんな仕事が自分に向いているか就職前に決めつけすぎることは必要ないといえるでしょう。

 

仕事を実際にしてみて慣れてさえくれば自分に向いた仕事に、仕事の面白さがわかることですることができるのではないでしょうか。案外と自分に向く仕事とは幅があるのではないでしょうか。あまり1つの業種1つの仕事にこだわりすぎないことも、自分に向いた仕事を探す時は不可欠ではないでしょうか。

 

自分に向かない仕事

 

いったい自分に合う仕事とはどのようなものなのでしょうか。

 

どんな部分で自分に合わない仕事となってしまうのでしょうか。仕事を簡単に辞めてしまう人がいますが、その理由は自分に合わないからだといいます。就職先が見つからず、妥協を重ねて今の仕事に就いたものの、やはり納得がいかないといった理由で退職する人もいます。

 

今の仕事がうまくできないのは、自分に合わないからだと思いながら仕事をしている人は少なくないことでしょう。

 

今の仕事が合わないと、どんな仕事が合うか分っていて感じているのなら、新たな就職活動を頑張れることもあるでしょう。次の仕事でも同じ思いを抱く可能性は高いと考えられるのが、自分に合う仕事が分らないまま漠然と今の仕事が合わないと思っている場合です。一生懸命に今の仕事に打ち込んだことで、一度は合わないと感じた仕事でも、自分に仕事が馴染むようになるものです。

 

ふと気づけば自分の仕事を好きになっていたという人もけっこういます。

 

仕事に一生懸命になってみて自分に合わないと感じるようなら、仕事のどこが合わないか問題点を具体的に抽出してみましょう。仕事が合うか合わないかは関係ないのかも知れないのが、人間関係や職場環境が問題である場合です。何となく自分には仕事が合わないと、一生懸命になって仕事をせずに感じているなら、仕事をまずは一生懸命やってみることをおすすめします。

 

f:id:destiny6711:20200326232201j:plain

将来の職業と性格

 

将来の職業について検討する時は、自分の性向に関する分析が大事です。

 

他人との会話や交渉に関する得意不得意、精密作業をする時のストレスの感じ方などです。自分の性格を客観的に把握することが大切です。人の面倒を見るのが好き、子供が好きなど、自分の性格はどうなのかと考えると誰しもすぐには分らないものです。将来の職業は一生を左右する難しい問題ですので、自分がどのような性格なのかよく検討してみてください。

 

適性テストによって自分の中に眠っている可能性を掘り起こし、将来の職業を見極める上の方針固めにするという方法もあるでしょう。

 

自分にあった将来の職業は何かと言う事を客観的に把握する事が必要です。性格適正テストというのは、いろいろと種類はあります。適性テストや性格診断では、外向性はあるか、勤勉な性質か、周囲と強調してやっていけるかなどが判断されます。職業の適性やどんな性格をした人物かということが仕事選びに密接に関わっていることは、採用試験に適職検査を行ってその結果を判断基準にしている会社の多さからも伺えます。

 

将来の職業を選ぶ上で、自分の適性がある職業と、やりがいを感じる職業が全く別という方も少なくないようです。

 

将来の職業は、適性がある仕事が見つかったということは、選択肢の拡大と考えることもできます。将来の職業を決める時には、一見すると関心が向かない仕事であっても、詳しく知ることで俄然やる気になってくるという仕事に巡り会えることもあるといえるでしょう。

 

将来の職業

 

じっくり考えなければ、将来の職業は決められはしません。

 

特に、これから就職活動を開始するという学生には、将来の職業は避けては通れない課題でしょう。将来の職業とは、思った以上に決断までに時間の猶予は与えられないものです。就職活動の根本的な部分なので、思い悩んでしまうという方も多いようです。まず自分の好きな事や、やりたい事から派生して選ぶ事が多いと思います。

 

やっていて楽しいことと、将来の仕事とは必ずしも一致していない人が多いという事象に目がいくといいます。

 

サッカーや野球が好きだからと言って、サッカー選手や野球選手としてやっていくことのできる人と言うのは、ほんの一握りです。ゲームが大好きな人でも、将来の職業をゲーム関係にするにはそのための知識や技術が求められるものです。やはり人気の職業だと、かなり狭き門になっていることが多いのです。

 

将来の職業を選ぶ時に難しいのが、自分の性格にあった仕事を探す事や自分がやりがいを持ってできる職業を探す事です。

 

自分には、どういうタイプの仕事が合っているのか、自分にとってのやりがいとは何か等を考えましょう。できるだけ多くの手がかりを自分の中に見つけることが、将来の職業探しに効果的に作用するでしょう。

 

f:id:destiny6711:20200326232508j:plain

仕事探しをどのように行うべきか

 

どんなことを心がけて仕事探しをするのがベストなのでしょうか。

 

いろいろと仕事探しに関連する意見はありますので、ひとつの答えはありません。重要視するのが自分の適性なのか、収入や待遇なのか、職場環境のいいところなのかは人によって違います。最も自分の中で良いと思えることを一番に考えて仕事探しをすることがポイントです。人の価値観を、納得のいかないままに鵜呑みにして仕事を選んでも、よい結果が出ることはあまりありません。

 

仕事探しは可能であるならば、今の状態に満足しているときに行ったほうが良いでしょう。

 

現在の仕事に不満がある状態や、やりがいを感じていないという状態で仕事を探しても誤った判断をすることがあります。仕事探しをする前に今の仕事の問題点をなくしておくことで、職場環境が今よりもっと良いところと出会えるでしょう。あらためて整理してみることが大切なのが、人生の中でどのような決定をしてきたかということです。

 

就職や進学など今までのどんなことを基本に、どのような決断をターニングポイントでしてきたのか振り返り書いてみましょう。

 

自分が無意識に重視してきたものがわかります。客観的に理解することによって、これからも重視するかどうかは別としてそれを根本に仕事探しをすることができます。上手に仕事探しをするためにも、現状をさまざまな方向から整理しなおすと良いでしょう。