ビジネスで突き抜けたい存在になりたい人と転職者を支援するブログ

ビジネスで突き抜けたい方やいい条件で転職したい方や起業家に役立つ情報を発信するブログです。

第42回 仕事を辞めたら、やるべきこと5選!!

f:id:destiny6711:20191030221037j:plain



ども、ブロガー講演家のイッサです。

 

今回のテーマは仕事を辞めたら、やるべきこと5選です。

 

 

人生なにがあるかわかりませんので備えはあることにこしたことはありません。

 

今回は仕事をやめたら、絶対やったほうがいいことをまとめておきます。

 

自分に合う仕事が見つかるまで、転職することはいいことだと思います。

 

1.失業したら、制度に頼ればいい

役所やハローワークにいって給付金制度の手続きをする。

 

2.役所の福祉課にいって「住居確保給付金」を受け取れるか確認する

役所の福祉課にいって、住居確保給付金を受け取れるか確認すること。

 

住居確保給付金を受け取れる資格があるなら、申請しましょう。

 

これは結構知らない人おおいですね。

 

家賃を補助してもらえる制度ですね。

 

3.技術職などに再就職したい場合は、職業訓練を受ける。

 

ハローワークに職業訓練というのがあります。

 

希望する仕事に就くために必要な職業スキルや知識を学ぶことができる制度です。

 

どんな仕事がしたいのかを考えたり、少し技術のいる仕事に就きたいときに利用できます。

 

受講料も交通費も無料です。

 

職種も豊富ですね。

 

無職で預金もない場合は、職業訓練受講給付金といって約10万円のお金をもらいながら勉強できるよ。

 

この制度は本当に素晴らしいのでぜひ利用すべきですね。

 

4.収入に応じて年金の支払いの免除を利用する

 

働いていないときの年金の支払いはきついですよね。

 

すぐに役所にいって、年金の支払いを免除できるか聞いてみましょう。

 

できるなら、すぐに申請しましょう。

 

年金の支払いを全額免除してもらえなくても、何割かカットしてもらえることもあるから聞いてみましょう。

 

お金がない時に年金を支払うのは本当にきびしいので、ぜひ利用しましょう。

 

5.ハローワークに行って失業保険の申請をする

 

これは絶対にやっておいたほうがいいですね。

 

会社から離職票が届いたら、申請にいきましょう。

 

これは、仕事を辞めた人でも生活を続けて、再就職できるように離職前の給与の5~8割が毎月振り込まれる制度です。

 

だけど、仕事をハローワークで一生懸命探すという条件つきです。

 

最後に

いかかでしょうか。 

 

突然仕事を辞めても制度を利用すればしばらくの間は、生活ができますので、ぜひ利用してみてください。

 

いつも読んでくれてありがとうございます。