イッサ研究所

会社員や転職者や起業家などに役立つ情報を発信するブログです。

仕事のやりがいと高収入について

ども、ブロガー講演家のイッサです。

 

今回のテーマは、仕事のやりがいと高収入についてです。

 

 

おすすめ記事

 

心もお金にも潤いを。100年時代を生きる為のワーク | 心理学者 Ryo | Brain

 

【発信で月収6桁達成のテンプレ】月収6桁の中学生が一年間でやってきたこと | キメラゴン | Brain

 

サムネイル制作で月23万円稼いだ方法(時給5000円越え) | カイリ | Brain

 

f:id:destiny6711:20200326215911j:plain

仕事のやりがいと高収入

 

仕事に就けたはいいものの思っていた状況と全然違っていたという方や、高収入の仕事を探していると就職先が決まらないという方がいます。

 

仕事に対して欲求が大きい人は、高収入であるかどうかだけを会社選びの指針にしてはいなかったかを考えてみましょう。仕事を探す際に高収入かどうかは重要ですが、高収入かどうかだけで仕事を選んでは、長く続けることが厳しくなってしまいます。仕事探しは高収入か否か以外にも着眼すべき点があります。自分の仕事に対する適正や、会社の経営方針、職場の人間関係や企業風土、取引先や客層も仕事選びの条件に加えてみることをおすすめします。

 

仕事選びに失敗しないためにも、自分を理解するところから始めましょう。

 

高収入である事にこだわるにはそれなりの覚悟が必要です。厳しい仕事環境に耐えていける忍耐力があるか、多少の不満があっても頑張れるか考えて見ましょう。高収入が自分の仕事選びの最優先事項であって良いのかどうか、もう一度考え見る必要があります。高収入のみが仕事のやりがいではありません。

 

自分が求めているものは本質的には何なのか、人に聞いてわかるものではなく自分で考える必要があるでしょう。

 

どんな仕事に向いているか、何が得意項目なのか、自分のスキルを徹底的に洗い出すことで転職活動の方向付けができ、自己アピールもしやすくなります。自分の方向性が定まっていれば、面接官の態度などから自分で会社を吟味できるようになります。仕事を探す時は高収入である以外にも、やりがいを感じる充実した職場であることも欠かせません。

 

仕事とやりがい

 

社会の第一線で仕事をしている人は、今やっている仕事に心からのやりがいを感じているようです。

 

自身の能力を活かしながら、やりがいのある仕事に打ち込むことが社会人としてあるべき姿です。自分以外の誰かの喜びとなる仕事をすることで、報酬として収入を得ることができれば、仕事としては満足なものです。とは言え実際に働くことは、楽しいことばかりではありません。真剣に会社を退職することを考えることもあるでしょうし、仕事によってはやりがいを感じることができなくなることもあります。

 

やりがいを感じながら仕事をするには、何をすれば良いのでしょう。

 

仕事のやりがいとは、それぞれに設けた基準を突破していくことだという人もいるようです。会社で認められ、昇進をすることが仕事のやりがいだと考えている人もたくさんいます。仕事に対して収入が増えることは、即やりがいにもつながります。仕方なく仕事をするという姿勢では、やりがいを感じられません。自発的に、やりがいを覚えながら仕事を続けていけることが理想的といえます。

 

仕事をしている時は、個々人が自分自身が担っている仕事にやりがいを覚えながら働けることが、充実した人生を生きる上では大事なことなのです。

 

f:id:destiny6711:20200326220050j:plain

自分に合った仕事探しをはじめていきましょう

 

どんな仕事につくかは、その人の生き方に影響を与えるとても大事なものです。ほとんどの人は、仕事に多大な時間と労力を使うからです。

 

やりがいを感じられない仕事に従事しているとモチベーションが上がらず、成果も上がりづらくなって、自分自身の評価が低くなってしまうことがあります。転職は、新しい仕事についたほうが、より自分らしく働けるだろうと考えている人にはお勧めです。新しい仕事を選ぶ時にどんな条件をつけるべきか、よく考えてから転職活動に取り組みましょう。

 

今の仕事さえ変えれば物事はうまくいくと思っているようなら、また同じことになる可能性があります。

 

仕事探しをスタートする前に、自分自身の問題をじっくり振り返ってみることが大事です。魅力的に感じる仕事がある人は、その仕事に関することをもっとリサーチしましょう。興味を持った仕事に関する資格の勉強をして、仕事への理解を強めることも可能です。関心の強い仕事だと思ったけれど、調べてみたら想像したものと違っていたり、それがきっかけで別な仕事のほうが魅力的に見えるようになることもあります。

 

転職活動の開始直後は、あえて条件を厳しめに設定せずに、関心の持てそうな仕事を片端から眺めてみるのもいい方法です。

 

自分の適正に合う仕事が何かを知るためには、まずは広く浅く情報を得て、だんだん調べる範囲を狭めます。自分に合う仕事を探し出して、納得のいく転職活動を行うようにしましょう。