イッサ研究所

会社員や転職者や起業家などに役立つ情報を発信するブログです。

新卒の学生を採用した場合の対策

ども、ブロガー講演家のイッサです。

 

今回のテーマは、新卒の学生を採用した場合の対策です。

 

 

おすすめ記事

 

人生100年を生きるためのお金の知識(住宅ローン、教育資金、老後資金編) | あずき | Brain

 

【捨てちまえ!】日常生活で"実は"いらない物を断捨離する方法 | ナッチ | Brain

 

一般人でもYahoo!ニュース・LINE NEWSに取り上げてもらう方法 | 生パスタ 毎月400万再生 東大卒YouTuber | Brain

 

f:id:destiny6711:20200410161841j:plain

 

新卒の学生を採用した場合

 

新卒の学生を採用した企業は、働き始めた新卒者が精神的に行き詰まってはいないか、配慮をすることが重要になります。

 

一つ一つの出来事に一喜一憂しながら仕事をしている新入社員は、不慣れからくるちょっとした問題を、抱え込んでしまうことがあります。去年までは学生で、初めて社会で働く人達が、新しい環境で精神的に行き詰まることがないよう、心のケアも重視しましょう。

 

新人を育成するためとはいえ、きつい教え方だけに従事していると、新卒者の心がぽっきりと折れてしまうこともあるものです。

 

始めに手を抜かないようにと、立て続けに大変な思いをさせて研修をしていると、1年と断たずにリタイアする新入社員も出てきます。新卒者は、これまで社会に出て働いたことがないのですから、精神的なフォローのほうもしっかりと行って、支えてあげることが大切になってきます。

 

新卒の社員がやる気を持ち続けるためには、社内で自分の気持ちを吐露できる相手を持つことです。

 

自分の置かれている状況を話しながら気持ちの整理をつけたり、考えをまとめることは、とても大事です。とりげなく話し相手のポジションにつけるような人を、新入社員に内緒で決めておく会社もあります。指導を担当している上司が、悩み事の話相手を兼任することがないようにします。率直に自分の考えを話せて、何でも悩みが話せるような間柄になるには、直属の上司では関係が密になりすぎて、逆によくありません。

 

働く理由や、会社に対して思うことは、時代の変化と共に価値観が移り変わっていますので、企業もそのつもりで対応しましょう。

 

高卒で就職する人材の採用について

 

出生率の低下により、働き手がますます少なくなっている日本では、高卒採用の人が現場でどういった働き方をしていくべきかを、本格的に考えなければならない時代に差しかかっているといえます。

 

このままの状態が続くと、技術開発や企画営業といった技術職、管理職はともかく、現場の担い手が欠乏することが、問題になっています。実際、今までと同じような条件では人を集めることができなくなっているという現場もあり、問題に直面しています。

 

高卒で働くことを希望している人を活用することが、突破口になるようです。

 

そこで、卒業後の職場を探してい高校生が興味を持ってくれるような業界アピールの方法が大事です。会社としても次世代の育成につなげるためには、高校生をはじめとした若い世代に、自社の業界についての素晴らしさや意義を伝えていく必要があるのです。

 

優秀な高校生を1人でも多く獲得するためには、会社のすばらしさ、働きがいについてアピールしていくことを第一歩とする必要があります。

 

高卒の採用希望社にたくさん集まってもらい、その中から見込んた人材を採用することが将来への投資だと思えば、経費の加算も仕方ないことです。仕事をする前に必要なことを教えることが、高卒で人材を採用した時には必要です。

 

始めて仕事をすことになってる高校生には、社会人の心得を教えるところからやらなくてはなりませんし、長く働き続けてくれるようにする必要もあります。

 

自分達の企業が、現代を生きる人達にどれほど必要とされているか、役に立っているかをアピールすることも、未来につながる取り組みになるでしょう。これからの社会で人材はまさに宝であり、特に現場で働く人材ほど貴重であるため、高卒の人材の採用は企業の成長に必要不可欠なものと言えます。