イッサヒューマン研究所

会社員や起業家などにちょっと役立つ情報を発信するブログです。

第25回 新卒就活にエージェントは必要か!?

                                     f:id:destiny6711:20191006123515j:plain


最近は大分涼しくなってきましたね、イッサです。

 

今回のテーマは新卒就活にエージェントは必要か!?です。

                   目次

 

 

新卒就活において、人材エージェント、就職エージェント、新卒エージェントなどのエージェントの類は使うべきではありません。

 

これは同時に社会問題を起こしているということも書いていきたいと思います。

 

エンジニア系のアウトソーシングでしか就職がなったんです、就活をやりなおすべきでしょうか?などの質問がくるときがありますので、ブログに書こうと思いました。

 

こういう就職を誘ってるのが、就職エージェントだったりします。

 

これらの企業のなにがよくないかというと、まずは年収、通常の会社はだいたい右方上りに年収は増えていきますよね。

 

アウトソーシング系の会社はほぼまっすぐで初任給は高いですが、そのあと給料はあまり上昇しません。

 

あと社会性も所詮あの人派遣でしょ、外注先さんでしょ、っていう感じで社会から取り扱われます。

 

正直社会も誰かがやらなきゃいけない仕事でもあると思っています。

 

そしてスキルは外注に任す仕事は、単純な仕事なのでスキルはもちろん身に付きません。

たとえ大手企業の仕事であっても、その大手企業がやらなくて外注にだした仕事なんで、ほぼ単純労働になります。

 

これらの仕事に誘っているのが、仲介業者=エージェントですね。

 

なぜ、このエージェントに誘われるのかっていうと、弱っているときに寄り添うふりをして近づいてきます。

 

例えば、第一志望の就職ダメだったんだね、いや大変だったね、やっぱり就職浪人とかするわけにはいかないし、実は、こういう仕事だったらいまね、あなたを求めている企業があるよっていってきて、就職活動に寄り添っているふりをするのです。

 

どんどん仲介費用がもらえる仕事に就かせていくのが就職エージェント

エージェントの仕事は最終的には多くの仲介手数料がもらえる仕事に就かせるのが目的なんです。

 

就活生の将来やキャリアなんて考えていないんですよ。

 

別にだまされたんだけど本人が納得すれば、エージェントでもよいのですが、そういう人が増えないように情報を発信していきたいと思います。

 

僕はモラルが咎めるのでこういうエージェントでは働きませんけどね。

 

世の中でなんでエージェントに対して否定的な意見が少ない理由

 

例えば、ゴールドラッシュの時期に金を掘るためにたくさんの人がやってきました。

 

しかし金を掘っている人はあんまり儲かっていませんでした。

 

じゃー、だれが儲かっていたかというと金を掘る労働者を紹介する人が儲けていました。

 

そしてツルハシを売っている人も儲けました。

 

というエピソードがありました。

 

いまの時代インターネットやスマホの普及によって、労働者を紹介する人を紹介するアフィリエイターすらも儲かっている時代なんですよ。

 

こういうことは新卒に限らず転職もそうですね。

 

これらを批判することは儲からないことなんで、世の中に否定的な意見が少ないんです。

 

これが世の中のパワーバランスですね。

 

お金があるところ、または儲かるところには、ポジティブな意見が集まる。

 

そして金にならないから、いちいち戦っても仕方ないですよね。

 

だけど、僕はこういう残念な人を増やさないためにも情報を発信していきたいと思います。

 

これは世の中が右肩上がりの給料をもらえないキャリアを増やしている要因として問題である。

 

所詮これらの人間なんて自分の食い扶持の養分だという風にしか考えていない人です。

 

転職サイトのアフィリエイトで紹介する人もそうなんです。

 

そういうわけで、就活におけるエージェントは少なくてもこれだけの売り手市場のなかでは、いらないと考えています。

 

そして就活生自身が、自分で自分のキャリアを考えて自分のやりたいことを思い描き、正面玄関から企業の就職に臨むことが大事だと思います。

 

これはエージェントだけのせいではなくて、やる気がなかった就活生が自分自身で自分キャリアを思い描けず、就職に失敗し、そのあとエージェントの言葉に騙されたっていう側面もありますね。

 

したがって、就活生自身も、新卒エージェントなんか使わずに自分で前に進むことが大事だと思います。

 

誤解してほしくないのは、就職エージェントなどの各種エージェントには利点もあります。

 

面接の練習や履歴書の書き方などの指導は活用していくべきだと思います。

 

いつも読んでくれてありがとうございます。