イッサ研究所

会社員や転職者や起業家などに役立つ情報を発信するブログです。

障がい者の就職について!

ども、ブロガー講演家のイッサです。

 

今回のテーマは障がい者の就職についてです。

 

f:id:destiny6711:20200306111651j:plain

障がい者の就職の実情

 

障がいを持つ人も就職し社会で問題なく活躍できるように、障がい者の雇用を促進するための法律が制定されています。

 

事業所ごとの法定雇用率が制定され、一定規模の事業所は、障がい者のための採用枠をもうけなくてはならなくなりました。企業の中でも障がい者を採用するところは年々増えているので、障がい者の就職の間口は広くなってきているといえます。

 

長引く不況の影響もあり、事業所にとっては法定雇用率を守ることは難しくなっています。

 

決して障がい者雇用枠はたくさんないため、就職活動を一般応募からするしかない障がい者も多数いるようです。障がいを持つ人が就職活動を行う場合、自分の障がい内容について企業側にしっかり伝える必要があります。

 

多くの場合、必要な配慮と障がいの状況について面接で質問されるといいます。障がいについての知識や理解は、就職企業によってずいぶんと違います。

 

ほとんど人事担当者や面接官は知識がないという前提で説明をすることをおすすめします。下手に隠し立てせずに、具体的に説明することが大事です。エピソードとしてこんな挑戦を障がいはあってもした、こんな結果を出したと話すことで自分をアピールすることができるでしょう。

 

障がい者雇用でも企業側に自分を売りこむために、自己分析を十分に行って就職活動に取り組みましょう。

 

障害者の就職活動のポイント

 

就職活動を障害者が行う場合ポイントになるのは、自分の状況をどのように企業に伝えるかということです。

 

自分自身の障害を的確にとらえることです。企業側に就職後に配慮をお願いしたいのはどのような点か、自分には何ができて何ができないのかをなるべくきちんと伝えるようにするのがおすすめです。

 

会社側は、障害者に長く安定して働いてもらうためにも就職障害の症状を知った上でしてもらいたいと思っているのです。

 

障害について自分のことは、障害者の中には話したくないと思っている人もいるでしょう。中にはくわしく障害を話すと採用されにくくになってしまうのではないかと思っている人もいるようです。障害について曖昧な説明ばかりでは、企業側も障害者を判断することができずに結果として不採用になってしまうこともあるでしょう。

 

自己PRや自分に関する説明については事前に検討をして、どう伝えれば効果的に相手に伝わるか考えておきましょう。

 

長時間の残業はできない、病院に定期検診に行く日は半休を取りたい、といったことは大切なことです。面接時点で隠していても、実際就職後はそれを隠し通せるものではないといえます。互いに問題なく長期間働けるように、就職活動では障害者と企業との条件が合うところを探すことです。

 

就職活動を障害者がするうえでのポイントは、職務経歴書や履歴書、自己PRなどを通じて自分のスキルや意気込みを積極的にアピールしつつ、障害の症状や配慮事項を伝えることではないでしょうか。