イッサ研究所

会社員や転職者や起業家などに役立つ情報を発信するブログです。

主婦におすすめの仕事について

ども、ブロガー講演家のイッサです。

 

今回のテーマは、主婦におすすめの仕事についてです。

 

 

f:id:destiny6711:20200311114507j:plain

 

主婦におすすめの仕事

 

仕事をしたいという主婦は、育児や家事と両立させたいと思っている限り、仕事ばかりに労力を割くことはできず、幾つかの制約ができます。

 

様々な仕事がありますが、主婦が仕事をするなら非正規雇用や家での仕事です。家族の世話をした上で仕事をするというスタイルを希望する人もいますし、扶養の範囲から出ない収入で働きたいという人もいます。待遇や拘束時間を重視して、仕事の内容は二の次にして働ける仕事を選んだ方が都合がいい方もいます。

 

特に差し迫った事情が無いのであれば、主婦が仕事をするために有利な資格を取るなどの準備を始めるのも良いのではないでしょうか。

 

子育てをしている時に、細切れの時間を利用して医療事務などの勉強をして資格を取り、子育ての手があいたころに働くという選択肢もあります。仕事もして、主婦としてしなければならないことをしてということになると、段取りよく動けるような準備も必要になるでしょう。食器を機械で洗うようにするなどしておけば、家事にかかる時間を短縮できます。

 

ネットで買い物を済ませたり、宅配サービスを活用するなどの手配をしておけば、フルタイムで働いた上に主婦もすることことは可能です。

 

在宅での仕事は、子供の面倒を見ながらできるというメリットがあります。託児先が見つからないという人には、いい方法といえるのではないでしょうか。かなり単価が安く数をこなす必要がありますが、扶養の範囲内で働きたいという主婦には案外合っている仕事かもしれません。家事育児との両立方法や、ライフワークバランスを考えて、主婦は仕事をする必要があるでしょう。

 

主婦がパートで働く場合

 

近年は、パートで働く主婦層が珍しくなくなっているようです。

 

女性が仕事をする姿は、最近では町中で一般的な景色になってきているようです。コンビニや、昼間の外食産業で働く女性の姿は、ごくありふれたものになりつつあります。若い女性だけでなく、40代、50代の女性も見かけます。日中、仕事をしている女性の大抵はパートタイムで働いているようです。

 

パートで働く女性は、家庭の主婦であることが少なくありません。

 

主婦であれば家庭がありますので朝晩は子どもの世話や炊事、洗濯、掃除に追われていますのでパートの仕事の時間帯は昼間が中心となっています。近年では男性の収入も下降傾向にあることから、ボーナスに頼ることもできず、主婦も稼ぐことが求められているのが実情なのです。

 

パートの仕事をすることで、家計に余裕を持たせたいという女性もいます。

 

家計には問題はないけれど、達成感ややりがいを求めて、パートで働いているという女性もいるようです。趣味をするために、必要なお金をパートで稼いでいるという人もいるようです。しかし、主婦がパートで働くことで所得税や社会保険税が高くなってしまったりすると、給料との差し引きの金額が微妙になって、働く意味がなくなってしまうこともあります。主婦がパートの仕事をする場合には仕事をしたあとの家庭の状況もきちんと考慮することが大切です。