イッサヒューマン研究所

会社員や起業家などにちょっと役立つ情報を発信するブログです。

第27回 みんなは大丈夫、就活に失敗する人に最も多い特徴!!

 

みなさん、イッサです。

 

本日のテーマは、就活に失敗する最も多い特徴あるあるです!!

 

 

                        f:id:destiny6711:20191008214452j:plain



                  目次

 

 就活失敗者最大の特徴

すごく基本的な就活生のお話ですが、実は社会人にも通じるお話になると思います。

 

就活生の平均以下の人の特徴を書いてみたいと思います。

 

ここでいう平均以下というのは、仕事が平均以下ぐらいしかできないと思われるということです。

 

まず、特徴的なのはお話や行動に意図がないということです。

 

何をするにも意図がないという人で仕事ができる人は見たことないって思います。

 

多くの人の言葉を借りるとなんかイマイチな人だなと感じさせてしまうことです。

 

こういう風に感じさせてしまうほとんどの原因は意図がないということに集約されるのではないでしょうか!

 

就活の面接での特徴は?

 

面接の最後になんか質問はないですか?という問いに対して何か質問が返ってくるのはいいのですが、何も考えてないなって思わせる質問をしてくることです。

 

ちなみに良い質問の回答例としては、仮に私が携われる(御社に入社したら)今後、私にどのようなスキルが求められるのでしょうか?などですね。

 

要するに、全ての発言、記述、行動は、常に質問返しされても、答えられる意図を持つということが大切です。

 

次に面接官とバトル人

 

これは正直ヤバいですね。

 

でも、結構最近いるのですよ。

 

面接官も正しいこと言ってるし、面接されている人も正しいことを言ってるんだけど、そもそものお互いの前提条件が異なっていることでバトルになることが多いです。

 

面接官が気に食わなことを言ってきたら、面接官の前提条件を理解してお話してみましょう。

 

次に面接されている人の話が長いこと。

 

面接の時は結論から具体的に短くしゃべりましょう!

 

短くてもきちんと面接官の聞きたいことの意図を考えてしゃべりましょう!

 

次に面接官と目を合わせない。

 

やっぱりきちんと目を合わせて話さないと、どんないい話でも共感しにくい。

 

どんないい話でも相手に伝わらないと意味がないので、しっかりと目を合わせて情熱的に伝えてみましょう!

 

最後に何れにしても、面接官は最大限の敬意を払って面接を受けましょう!!

 

敬意を持って接することが面接で成功する秘訣ではないでしょうか!

 

最近の傾向としては、ユニークな人や自分を持っている人などが会社の人材に求められていることが多いと思います。

 

この機会に自分の考えてきた人生において、なぜその会社じゃないといけないのかを考えていくことが大事だと思います。