イッサ研究所

会社員や転職者や起業家などに役立つ情報を発信するブログです。

就職活動では誰でも悩みを抱えるもの

ども、ブロガー講演家のイッサです。

 

今回のテーマは、就職活動では誰でも悩みを抱えるものです。

 

 

おすすめ記事

 

かわいいテロップ テロップベース18種セット | かずや@動画編集 | Brain

 

スキル/知名度0の私が3ヶ月で20万を稼げるようになったゲーム実況の攻略本【完全版】 | ゆーでぃ | Brain

 

スキル/知名度0の私が3ヶ月で20万を稼げるようになったゲーム実況の攻略本【完全版】 | ゆーでぃ | Brain

 

f:id:destiny6711:20200423225041j:plain

就職活動では誰でも悩みを抱えるもの

 

仕事を探していると、このやり方で正しいのかといった悩みを抱いて、就職活動が行き詰まることがあります。

 

様々な悩みを抱えて、生きづらさを感じている人は大勢いますが、未来につながるきっかけにもなりえます。就職活動は、人生にとって大きなターニングポイントなので、ぜひとも成功していたいものです。

 

解消しきれない悩みを胸に抱きながら、転職活動をしているという人は少なくありません。

 

転職活動中に悩みが大きくなるのは、望ましい姿と、現実の姿とで、食い違いがあるからです。望みばかりを優先して仕事が見つからない悩みもあれば、ほどほどで妥協したために後悔したという悩みもあります。

 

就職活動をしている時に悩みとしてよく聞くことが、自分の希望と、現実の条件との折り合いを、一体どこでとるかです。

 

企業が採用した人に何を求めているかや、仕事をする時に自分は何をしたいと思っているかが、就職活動をする時の判断ポイントになります。この問題を解決するため、就職活動を支援している相談窓口を頼るのも一案と言えます。

 

就職斡旋をしている企業や、公共の職業安定所では、就職活動中の人を支援するための相談窓口が設けられています。

 

自分1人で考えて行き詰まっていた悩みでも、その分野の専門知識がある人ならいい意見がある場合もあります。就職活動では、悩みに対しても全力で立ち向かい、自分にできることは一つ一つこなしていくことが、成功への糸口になります。

 

就職活動の悩みは誰に相談すれば良いのか

 

これからの自分自身がどう生きるかが、就職活動時の決定で変化するということもあり、就職活動中は様々な悩みを抱くものです。

 

就職活動をしている時の悩みは、親や親戚に相談するという方法があります。では、同年齢の親しい相手に就職活動の悩みを打ち上げることは、意味がないのでしょうか。年齢や境遇が似ている人に話をしても、友達と自分とでは見ている世界がよく似ている場合は、助言も自分の考えと似通ったものになりがちです。

 

自分にとって抱えきれない悩みは、友達にとっても解決が難しい悩みであるという可能性は、知っておく必要があります。

 

共感だけでいい悩みと、それだけではいつまでたっても抜け出せない悩みがあります。悩みごとに対する解決能力という点では、自分より知見の広い人を頼ったほうが得策です。一方、就職支援会社の人に悩みを打ち明けたとしても、客観的な意見は得られるかもしれませんが、自分の悩みを真の意味で理解してはもらいづらいものです。

 

専門家ならではの意見をもらえることもありますが、他人から共感されづらい悩みを抱いている時などは、一般的な答えに終始しがちです。

 

親しい年上の血縁者なら、昔から自分のことについてよく知っていて、悩みの内容を理解した上で助言をしてくれるでしょう。長い間社会人として生きてきた人が、悩みの内容や相談者の人となりを把握した上で相談に乗ってくれれば、悩み解決につながります。

 

判断に迷っていたり、突破口を摸索しているような悩みでも、人に話ながら悩みの内容を見つめ直すと、自分で答えが出せることもあります。