イッサ研究所

会社員や転職者や起業家などに役立つ情報を発信するブログです。

就職面接を乗り切るために役立つ方法について

ども、ブロガー講演家のイッサです。

 

今回のテーマは、就職面接を乗り切るために役立つ方法です。

 

 

おすすめ記事

 

パチンコ依存症から脱け出すまでの実話 | 金なし父さん | Brain

 

【値上げ予定】今からAWSを学ぶエンジニアの1つの指南書_ソリューションアーキテクト問題50問付き!50,000字超えのボリューム【順次追記】 | くろかわこうへい | Brain

 

ブログ型アフィリエイトの完全講義【ブログ歴6年の僕の集大成です】 | マナブ | Brain

 

f:id:destiny6711:20200414121638p:plain

就職面接を乗り切るために役立つ方法

 

就職面接での質問については、事前に色々な対策をしている人が多いのではないでしょうか。

 

何を聞かれるか予測することは、就職面接の対策として非常に重要であると考えている人は多いようです。考え得る限りの質問を挙げて、それぞれに適切な答え方を用意することができれば、就職面接の本番でも滞りなく答えることができるでしょう。

 

滞りにく就職面接を突破することができれば、希望する会社への採用が決定するかもしれません。

 

自社に採用したい人材であると判断してもらうことで、就職活動を成功させることが可能です。最近は、インターネットの転職サイトや、民間の転職エージェントを利用することで、効率的に転職活動を行うことが可能です。

 

いわゆる転職アドバイザーと呼ばれる人が、就職面接に対する心構えや対処法を教えてくれます。

 

就職面接で定番の質問に対してはどう答えればいいかも、相談に乗ってもらえるので対策が立てやすくなります。就職面接でよく聞かれる質問として、なぜ転職希望先としてこの会社を選択したかというものがあります。

 

きっと、今まで就職面接に行ったことがある人の多くは、同じような質問をされた、答えたことがあるでしょう。

 

なぜ、この会社を希望したかという質問には、その人が希望の会社についてどう考えているかという意味が含まれています。志望動機を問われた時に、相手が納得するような理由を挙げることができれば評価も高くなりますので、じっくり考えておきましょう。

 

面接のマナーについて

 

転職活動の面接では、職歴や転職理由も重要ですがより基本的な部分で重視したいことがあります。

 

基本的な社会人としてのマナーが身についているかどうかも大切です。マナーの1つ1つは些細なことかもしれませんが、面接官に抱かれることになる漠然とした印象は転職活動では意外と影響があります。

 

多くの場合面接でチェックされるマナーは服装や髪形、常識に対する感覚や関心、表情や立ち振る舞いなどでしょう。

 

転職のために面接を受けるのであれば、清潔なきちんとした服装や外見は成功をするかどうかに関わるものなので、意識しておくことが大切です。カラーリングはなるべくせずに寝癖きちんと直し、スーツは基本的に落ち着いた色合いのものが無難です。

 

靴やカバンも気を抜かずきれいなものにしましょう。

 

面接の場では背筋を伸ばす、足や腕を組まない、落ち着いてゆっくりと話すことも大事です。貧乏ゆすりや髪に手をやるなど、緊張のあまり普段やっているクセがつい出てしまう場合があるでしょう。

 

クセを直すことは難しいですが、自分のクセを知っておくことで対策を取ることが可能です。

 

面接の基本マナーであるノックをしてから入室する、ドアの開閉は静かに行う、椅子は勧められてから座るといったことも確認しておきましょう。携帯電話の電源はきちんと切っておくことも重要です。転職活動の面接で成功するにはこまかい部分の心がけが大切です。

 

就職の面接で質問されること

 

面接をいかにくぐり抜けるかが就職では欠かせません。

 

企業側も実際に就職希望者と対面し、さまざまな角度から特徴や性格、適正などを確認します。面接では正しい受け答えや態度がこれだというものはありません。面接の場で大事なことは、自分がアピールできるものと、会社の求めているものがいかに合うかです。

 

面接の内容や聞かれることは企業によって様々ですが、面接の傾向としては近いものがあるので覚えておきましょう。

 

自己紹介は単に自分のプロフィールを述べるだけでなく、アピールの場です。2分で自己紹介をするように、といった大まかな制限がありますが、言い漏らしの内容事前に伝えたい項目を考えておきましょう。

 

どのような志望理由でこの会社を選んだのか、ということを聞く会社が面接では多いようです。

 

別の同種の会社ではなく、今ここに来て面接を受けているのはどんな違いに目をつけたのかと聞くところもあります。今まで行ってきた仕事内容や転職の理由について面接で聞くのは、中途採用者に対しては定番ともいえます。

 

自己都合や会社の人員整理で退職をせざるをえなかった人などは、面接でいかにポジティブな姿勢を示せるかが大事です。

 

面接で周囲の人より有利な立場にいなければ、一緒に採用試験を受けた人に採用を取られてしまいます。就職活動をうまく進めるためには、面接では自己アピールをしっかり行い、自分という存在を企業側に伝えることです。

 

f:id:destiny6711:20200414121923p:plain

就職の面接で成功するためのポイント

 

希望の会社に就職するためには、書類選考に通過して、さらに面接も突破しなければなりません。

 

就職活動では必ず必要になる履歴書は、書き直しもできますし、じっくりと時間もかけられます。ですが、面接は一発勝負となり、書き直しもできませんし、時間の制約もあります。当日その場で思わぬ失敗をしないように、あらかじめ入念な準備をしておくことが重要になります。

 

具体的な質問内容は面接に行ってみなければわかりませんが、志望動機や、自己PRは必要になると考えていいでしょう。

 

面接を無事に突破するためには、まず、これらの質問にどう答えるかが鍵を握ります。志望動機と自己PRは履歴書などにも記入しますが、書類のスペースの関係から省略的な内容になっています。

 

書類に記載した内容と矛盾しないように注意をしながら、わかりやすく要点をまとめた話ができるように用意をしておきます。

 

応募の動機を話す時に、個人的な出来事や考えたことなどを交えながら、話せると言葉の重みが違います。実際に体験した出来事や、起きた事象を含めて話を組み立てることで、自己アピールも説得力を持たせることができます。

 

面接の場に立つと緊張してしまうという人も多いですが、準備を入念に行うことで、精神状態を整えておくことができます。

 

有効な面接対策について知っておくためにも、面接に役立つ情報かまとめてある書籍や、ネットの就職支援サイトを活用するといいでしょう。

 

就活の面接対策について

 

多くの人が、就職活動をする時は、面接をうまくできるかどうかを気にしています。

 

実際に面接の場に行ってみなければ、面接でどんなことを質問されるかがわからないことが、不安に思うことの一つです。ペーパー試験のように、問題を見てからどう答えるかを検討する時間がないことか、面接を受ける時には気がかりな点です。

 

面接試験での出来不出来は、内定を勝ち取れるかどうかの大きな分岐点であることは間違いありません。

 

入退室の作法や、言葉遣い、服装、自己アピールのやり方など、就職活動時にしておきたい面接対策はいくつもあります。面接を受ける前には、対策のことばかり考えて、重視すべき事柄を失念してしまうような人もいるようです。

 

社内で、長年人事担当業務にたずさわっていると、必然的に何十人、何百人もの面接を経験することになります。

 

事前に面接対策をしっかりしてきたつもりでも、書籍やネットからの受け売り回答では、見抜かれてしまいます。どこの誰でも言いそうな、無難な回答に終始する人は、面接で低評価にもなりませんが、高評価になる見込みもありません。

 

同じような事が繰り返されることに辟易している人事担当者は、見せかけの内容には注目していません。

 

人事の立場からすれば、優秀で、打てば響くような受け答えができる人を好みます。テンプレートの答えを用意しておくのではなく、面接対策では、自分の考えをきちんと述べられるようにしておくことが大事です。

 

f:id:destiny6711:20200414122111p:plain

就職面接における質問のマナーについて

 

就職活動をしている時、採用面接でプラスの評価を相手に持ってもらうためにすべきことは何でしょうか。

 

面接官にすすめられてから着席するとか、相手の目を見て話すなどの一般常識は意識して当然のことです。面接官としては、社会人として知っておかなければいけないことは、知ってて当然というスタンスで面接をしています。

 

面接の担当者とコミュニケーションを取ることは、面接本の情報を踏まえてもなかなか大変なものです。

 

質問に対する回答に終止するのではなく、自分から質問をしたり、話を広げたりする必要もあります。まず最初は謙虚な姿勢で面接官の説明を聞き、質問に答えることが大事です。シンプルな相槌を心がけましょう。

 

担当者の言っている言葉が腑に落ちたといっても、大げさな相槌を繰り返すことは適切ではありません。

 

相槌などは日頃、無意識のうちに行っていることなので、つい普段の所作が現れてしまうものです。相手の言葉に口を挟むことも失礼にあたりますので、わからないことがあった時も、面接官の話が一段落するまで待つことが大事です。

 

他人とコミュニケーションをとる時の常識がわかる人物だと理解してもらうためには必要なステップです。

 

確認したいことはありませんかという質問を、面接の終了直前て聞かれることは多いですので、その際に質問をするというパターンもあります。いずれにしても、面接官のペースに合わせることが就職面接で成功する秘訣といえるでしょう。