イッサ研究所

会社員や転職者や起業家などに役立つ情報を発信するブログです。

就職活動時の面接について

ども、ブロガー講演家のイッサです。

 

今回のテーマは、就職活動時の面接についてです。

 

 

f:id:destiny6711:20200314225019p:plain

 

就職活動時の面接で質問される事とは

 

採用面接は、就職活動をクリアするためには、絶対に経験しなければなりません。

 

一時期ほどの不況ではありませんが、以前として就職活動を行っている人を取り巻く環境は、楽になってはいません。そんな中で、就職活動を有利に進めるためには、とにかく面接の対策をする事が重要です。

 

会社が行う採用面接は、聞かれるないようや、どんな点を見られているのかは、その時々によって違っています。

 

けれども、面接で聞かれることには大体の傾向があります。中途採用の場合は、今の仕事を退職したい理由を聞かれます。給料や休日日数が折り合わなかったからとか、会社に合わない人がいたことで、仕事を辞めたという人は少なくないようです。

 

前職を辞めた理由をそのまま話すと、採用したくない人物として、面接担当者が考えてしまうことになる可能性があります。

 

どんな表現の仕方で、退職理由を話せるかで、面接での評価がプラスにも、マイナスにもなります。給与面などの待遇や人間関係の問題で辞めた事を、スキルアップの為や異なる環境で自分を試す為という風に表現を変えるのです。以前の会社でここがよくなかったという言い方はせずに、仕事を変えることで自分の能力を生かしたいなどの明るい言い回しにしましょう。面接の場で話す時は、転職活動をしている理由を、新しい自分を見つけ出したいなどのポジティブなものの味方で話すようにしましょう。

 

面接官に自分自身をアピールするためには、虚偽のないようでない範囲で、自分のことを前向きに表現する方法を身に付けることです。

 

就職活動の面接は上手に話せなくても大丈夫 

就職活動と聞くと、面接が憂鬱になる人が多いと思います。

 

模範解答を答えることができたとしても、面接を突破できるとは限らないことが、面接の難しい点です。定番の質問にどう答えるかを考えておいたり、自分のどこをアピールすべきかイメージしておきましょう。

 

最近の就職活動では、役員が入れ代わり立ち代わり、複数の面接までする企業が増えています。

 

有用な人材を確実に採用したいと考えている会社も多く、そのための努力がなされているのです。面接の時に事実と異なることを話すと、後々でそのごまかしをしづらくなっていくでしょう。経験のある採用担当者であれば、安易なその場しのぎの受け答えは、すぐに分かります。

 

びくびくした態度で採用面接を受けていると相手に気にされますので、落ち着いた態度を心がけるようにしましょう。

 

ボソボソと小声で話したり、態度が良くなかったりすると、面説では不利になってしまいます。失敗しないようにしたいのが人間ですが、下手に取り繕おうとする方が、後になって大変なことになります。就職活動をスタートさせる人の多くは、できるだけ早く内定をもらおうとしますが、早さ勝負ではありません。

 

就職活動はスピード勝負で行っていることではありませんので、自分が納得のいく形になるように努力しましょう。

 

f:id:destiny6711:20200314225847p:plain面接試験での受け答えの仕方について 

 

面接を受けて、質問に答えなければならなくなった時に、注意をすべきことは何でしょうか。

 

どの会社でも、採用決定に至るまでのプロセスには面接が含まれていますので、面接攻略は必須といえます。一般的に、求人を出した企業が応募者の中から採用する人を決める時には、履歴書や職務経歴書の内容を見ながら、採用の見込みがある人とはじかに面接をして言葉を交わします。採用担当者が質問をして、応募者が答える時には、質問の答えとなることを的確に話せるかどうかが大事です。

 

質問に対する受け答えの中で、仕事に対する積極性や姿勢などを点数化した上で評価をしていきます。

 

面接で採用を勝ち取るには、第一印象のよさをアピールする事が非常に重要です。面接の場で重視されることは、外見以外にもいくつかあります。その一つが、質問への答え方を通して、採用する意義がある人材かどうかを知ることです。

 

今すぐ、採用されて働き始めた時でも、すぐに会社にとつて必要な人材になれることをアピールできれば、面接はうまくいったものと考えることができます。

 

長く勤め続けられそうな人物か、すぐに辞めてしまうような可能性はないかを知るためにも、面接の場ではいろいろな質問をして応募者の人格を確認します。質問への回答を通じて、ほかの人よりも自分を採用することには利点がたくさんあるということや、自分を採用することで得られるスキルがあることを伝えるといいでしょう。

 

会社に必要な人材かどうかを評価のポイントとしているので、受け答えをする場合にはその点について気を付けるようにしましょう。面接時の質問に対して、常識的でない受け答えは評価が下がることに繋がるので、一般的な常識や振る舞いを見に付けておく事も大切です。

 

面接試験の質問に対する対策は事前の準備が大切

 

就職活動では、採用試験をクリアしない限り、勤めることはできません。

 

面接試験の当日にある面接担当者の様々な質問に対して、上手に回答していくということが必要になります。面接の場での質問にはパターンがありますので、質問に対する答えをあらかじめ考えておく必要があります。採用面接では、最初に志望の動機を質問されます。

 

働く意思を知るために、大抵の企業が質問をするようです。ほぼ確実に聞かれる質問といってもいいものですので、面接前にはスムーズに言えるようにしておきましょう。

 

想定される質問は、面接のマニュアル本を購入することで、十分に対策をすることができます。個別の質問に対していちいち答えを用意するのは大変ですが、一旦準備を整えておけば、以後は比較的楽です。

 

面接試験において、一番大切なのは自分の思いや考えを自分の言葉で伝えることです。

 

特に、毎年のように採用に関わっている担当者の場合、生半可な答えでは、見透かされてしまう可能性があります。予想通りの質問をされたとしても、記憶していた内容を読み上げるような答え方をしていては、相手の印象はよくなりません。面接での話し方は、スムーズに話せるかどうかではありません。

 

話し方がうまい人を採用したいと思っているわけではないからです。面接試験の質問には、つたない言葉であっても、自分の考えを正直に自分の言葉で話すことが大切です。

 

面接の準備

 

面接は就職先を無事に決めるためには避けては通れない関門です。準備もおろそかになってしまいがちなのが、何度も就職面接を受けている場合です。

 

いつも、何が面接の準備には必要か、気に留めておいたほうが良いでしょう。確認したいのは、就職のための面接でおさえるべきことです。自分のこれまでの経歴を簡単に説明できるようにしておきましょう。志望動機や転職理由、希望職種などの内容に一貫性を持たせ、自分がどんな人物かを相手にわかりやすく伝えられるようにしておきましょう。

 

それぞれの質問を想定して答えを書き出してみて、それぞれの内容に齟齬はないか、面接を受ける会社の求める人材像に近いか、ネガティブな内容が含まれていないかチェックします。

 

実際に面接に行く前に確認したいのは、身だしなみです。清潔感が出ているか、スーツやズボンにはしみやほつれはないか、靴は磨いてあるか、髪型や爪はだらしない状態になっていないかなど全体的に確認します。直前の準備では間に合わないものも時にはあるでしょう。余裕を持って準備を整えることが就、緊張せず自分を出すためにも、就職活動においては大事なことです。

 

当日持っていくものは、忘れ物がないようあらかじめ確認してください。就職活動に必須の履歴書や職務経歴書などの書類のほか、時計や筆記用具、現地への地図なども就職の面接には重要です。 

 

就職活動と面接対策

 

面接対策は就職活動で避けては通れないものです。

 

筆記試験の次は多くの場合は面接です。就職活動で面接試験が行われるのは、筆記や書類審査だけで見えないところを直接顔を合わせることで知るためです。どのような形で面接をするかは会社によって違いますが、話す内容は予期できません。面接の場で頭が真っ白になってしまって言葉で出てこなかったり、話すべきことが思いつかず相手の印象を損ねる可能性も面接ではあります。面接試験の質問はいろいろとあります。

 

面接テクニックの一つに、答えに詰まるような質問や威圧するような質問をする事によって、就職希望者の態度を見ることがあります。

 

無遠慮な言葉や心ない言葉を言われることもありますが、それすら採用担当者は計算尽くで行っているということもあります。就職活動において面接対策と言うと、どんな質問が来てもいいようにいろいろな答えを用意しておく事があげられます。一般的な質問から難しい質問まで想定問題などを作って、就職活動対策にすると良いと思います。

 

グループ形式で行われる面接では、グループ内での協調性やチームワーク力などが見られているようです。

 

ディスカッションを通して意見をまとめるという形式が少なくありませんので、自分の言いたいことをコンパクトにまとめましょう。対策の立て方としては、共に就職活動をしている知り合いに声をかけてディスカッションを試してみてもいいでしょう。就職活動では面接を制することができるかどうかがポイントです。

 

面接対策は特にウエイトを置いて、様々な方法を使って納得のいくまで準備をしてください。