イッサ研究所

会社員や転職者や起業家などに役立つ情報を発信するブログです。

就職博のメリット

ども、ブロガー講演家のイッサです。

 

今回のテーマは、就職博のメリットについてです。

 

 

おすすめ記事

 

現役!大手小売りバイヤーの仕入れ指南 | さとし@大手小売バイヤー | Brain

 

【決定版】Twitter×noteで累計300万円稼いだ王道の立ち回りと悪用厳禁な運用法 | SHO | Brain

 

1ヶ月でチャンネル登録2万人再生回数を250万回伸ばした方法 | 革命家Hiro | Brain

 

f:id:destiny6711:20200329012249j:plain

就職博のメリット

 

求職活動で就職博はどんな役に立つでしょう。

 

求人情報を集めるのでしたら求人情報サイトが大変便利です。ネット環境が整っている近年でも就職博の参加者が大勢いることには、相応の背景があります。事前予約をしてなくても、就職博ではその場で気になった企業の話が聞けます。入退場は自由であり、入場料金もいらないのが就職博の特徴です。

 

企業側の担当者と、採用試験や面接を受ける前段階で対話ができることも就職博の利点です。

 

職務経歴書や履歴書を提出する時は、ただ漫然と書くのでなく、提出先の企業が求めている人物像や会社で期待している役割などを把握した上で必要書類を書きたいものです。前々から気にかけている会社の人の名刺を得るいい機会ですし、色々と気になることについてじかに聞くこともできます。

 

終身雇用の崩壊、リストラ、企業の倒産など、就職しさえすればよいという考えは消えつつあります。

 

理想の企業に就職できるかということがとても重要になってきています。就職博はこのような就職に関する情報をわずか1日で得ることができる重要な機会として知られています。合同企業セミナーである就職博は、企業側からも就職活動中の学生から優秀な人材を見つけたいと思っています。希望の企業に就職したい人だけではなく、どこに就職したらよいのかわからない人にとっても企業の情報を入手できる就職博は貴重な機会でもあります。

 

就職博の活用法

 

数多くの会社が集まる就職博は、日本一の規模を誇ります。

 

事前予約などは不必要で、どんな格好でも構わないので気軽に参加ができるでしょう。自由とはいえ今後の面接で会うかもしれない人事担当者がいるのですから、スーツなどの服装で参加することをおすすめします。

 

就職博では、エントリーカードを入場時に作成し、企業ブースや入退場時の受付で提示するという仕組みになっています。簡便な身分証明書のようなものと思えばいいでしょう。

 

名前や住所の他、学校名やメールアドレスもここに書き込みます。会場に行ってから作ってもいいですが、事前に学情ナビのデータから印刷して持っていくと段取りよく進められます。就職博では企業の生の声を聞くことができます。求人募集に関しては、会社の方針、どのような人を求めているのかを知る必要があります。

 

就職博では、参加する前に質問内容をメモして、当日に使うようにします。企業ブースだけでなく、就職博では就職活動支援のコーナーがあり、就職活動についての相談事などをすることができます。

 

採用試験や面接とは別に、その会社に勤めている人の話を聞ける機会はそうそうありませんから、企業ブースでの話も貴重です。求人サイトや、その会社のパンフレットやホームページだけではわからないことが就職博で掴むことができます。就職博にずらりと並ぶ会社を目にすることで、思いがけないジャンルの仕事に関心を持つようになったり、気づかなかった自分の適性を見いだすこともあります。

 

希望通りの会社から内定をもらうため、まずは就職博に行ってみてください。