イッサ研究所

会社員や転職者や起業家などに役立つ情報を発信するブログです。

就職活動対策は志望動機を整理すること

ども、ブロガー講演家のイッサです。

 

今回のテーマは、就職活動対策は志望動機を整理することです。

 

 

おすすめ記事

 

機械学習はこれ一本!pythonインストール~機械学習実装まで完全理解講座 | RIN@AIベンチャー | Brain

 

サムネイル制作と稼ぎ方の教科書(オンラインサロン付き) | ゆうすけ | Brain

 

【230種類】YouTuber・動画編集者向け効果音データを販売します。 | 赤津 亮太 / 赤トマト | Brain

 

f:id:destiny6711:20200405151924j:plain

就職活動対策は志望動機を整理すること

 

就職の活動をする時には、志望の動機を整理する必要があります。

 

志望動機は就職活動をする際に、自己PRとともに必ず必要になるものです。面接の際に高い確率で質問されるのが志望動機なので、前もって答える内容を確認しておきましょう。応募した会社に入社してどうしたいのを考えれば志望動機が明確になってきます。

 

前もって答える内容を整理しておくことで、就職活動の対策ポイントです。面接であったとしても、本音を正直に話さなくてもかまいません。

 

就職活動時の面接では、給料が高いとか、会社が有名とかは本音だとしても、あまり本音をそのまま話さないほうが賢明です。志望動機は就職活動の面接に適した内容をしっかり準備しておくことが大切になります。

 

会社のことを研究して、よく知っていることを面接の担当者にアピールすることが、志望動機の対策で効果の発揮する点です。

 

また、応募する会社にとって自分がどのように貢献できるかを志望動機によって伝えるようにしましょう。就職活動の対策としては、担当者に採用になれば会社にとって貢献する人材になるだろうと思わせることです。就職活動の面接対策としては、志望動機に対する質問に対してしっかり答えることができるようにしておくことが最重要項目です。

 

f:id:destiny6711:20200405152035p:plain

転職と志望動機

 

もし転職しようとするならば、必ず聞かれるのが志望動機です。

 

新卒の場合でも志望動機を尋ねられることはありますが、転職者のほうが重要性が高いといえます。転職する人というのは仕事の経験者なのです。経験があるだけに中途採用を行っている採用企業の側からすると、志望動機というのは採用する上でとても重要な点なのです。

 

なぜこの企業で働きたいのか、どんなことにとくに興味があるのかというのが志望動機というものです。

 

転職の志望動機を尋ねられているのに、志望動機とはまったく違う的外れの返答をする人が多いという話を面接官から聞くことがよくあります。転職の志望動機というのは、なぜ今ある仕事をやめてまで新しい企業を探しているのかということです。

 

どのくらい真剣に会社のことを思って働いてくれるのか、なぜこの会社を選択したのかということが、採用をする側にとっては大事なことになってくるのです。

 

志望動機として成り立つのは転職の場合、応募している会社と自分のやりたい仕事が合っているときではないでしょうか。この会社で働けるなら、どれだけ誠実に仕事をすることができて、モチベーションを高く持ち続けられるのかという事を説得するものなのです。

 

マイナスになるのは、転職の志望動機と会社が求めているものがまったく違ってしまっている場合です。自分がやりたかった仕事と異なるということに入社してから気が付いて、やる気がなくなってしまったりやめてしまう原因になります。転職するときは志望動機と会社の要望があっているか事前に確認するようにしておきましょう。

 

転職活動時の志望動機について

 

どんな志望動機をに述べるあまり良い評価を得られないのでしょうか。

 

転職活動における面接の際には、志望動機の内容は特に重視され、採否の判断基準にもなります。つい真剣になってしまうのが志望動機で、面接でこの質問がされないということはまずありません。実際に採用する人にとって判断が難しい内容の志望動機もあるといいます。

 

中には人事担当の面接官がつい困ってしまうような志望動機もあるようなので要注意です。

 

志望動機の中にはしっかりと評価されるものもあれば、嫌がられるものもあります。面接を受ける場合には、あらかじめきちんと下調べして準備するようにしましょう。さんざん今まで使われてきたような、将来性と安定性に魅力を感じてとか、業務内容に関心があるなどでは印象は良くありません。

 

転職サイトや雑誌のマネのような具体性のない志望動機はあまり良いとはいえません。

 

将来性の事を言うならば、なぜ将来性があるように思えたのかを付け加えるだけでも印象が変わります。業務内容について興味があることをさらに具体的に述べるには、どんな部分についてそう思うのか述べるようにすることが重要ではないでしょうか。

 

面接の評価をアップさせるには、志望動機を具体的にすることが大切です。

 

人事のほうからすると、転職の志望動機を評価する大事なポイントは、長期間仕事を続けてくれるかどうかだといいます。働きたい会社に合った中身で、具体的に自分のオリジナルの言葉で述べることが大切ではないでしょうか。

 

未経験の職種へ転職する時の志望動機

 

採用面接を突破しなければ、転職先を決めることはできません。

 

面接時での質問はいくつかありますが、代表的なものは志望動機です。どうして転職を決めたかは人によって違いますので、こう答えておけば必ず正解するということはありません。面接は、事実を答えればいいというものではなく、どのような答え方をするかがポイントになります。

 

面接を成功させるための言葉は決まっていませんが、答え方次第では、相手の印象を損ねるものがあります。

 

自宅から通いやすかった、待遇がよかった、別にどこでも構わなかったという答え方は、面接ではしないほうがいいでしょう。同じ内容であったとしても、伝え方を考えることによって、面接担当者が受ける印象が随分と変わってくるのです。

 

事実との齟齬が起きない範囲で、面接官から好意的な評価をもらえるような言い方を工夫することが、志望動機を語る時のポイントです。

 

もしも、これまでの経験と繋がっている仕事内容なら、そこに力を入れて話します。それでは、求人票で求める業務の内容が未経験のものだったら、どうするといいのでしょうか。全くの未経験者でも応募可能な求人はありますが、応募の時に動機を聞かれると、どう答えていいかわからなくなることがあります。

 

何となくやってみたいと思ったという漠然とした答えではなく、興味を持ったきっかけなどを絡めて話すといいでしょう。なぜその会社を選んだのか、勉強したい分野であることを強調すればさらに良い志望動機になります。

 

転職で評価されやすい志望動機

転職の志望動機を伝えるうえで大切なのは、人のマネではない自分のオリジナルの内容で伝えることです。

 

志望動機は転職するときに、採用する側が評価したり選考する場合に大事な材料となります。よくある御社の将来性、安定性などは言うのは簡単です。たくさんの人がこのようなありきたりの言葉を面接で使っているのではないでしょうか。

 

同じような言葉を志望動機を述べるときに言っているので、使っている人はその他大勢の中に埋もれてしまうことになるでしょう。

 

一般的な内容では無く、オリジナリティーのある志望動機でなければ、高い評価を得られないのです。志望動機で面接の評価をアップさせるために大事なのは、自分が会社にとってどんなふうにプラスになるか、実際にどんなことをやってみたいかなどを述べることです。

 

丁寧に会社について調べておくことが、志望動機できちんと内容を伝えるためには大事なことだといえます。

 

会社のホームページなどを良く確認するのは当たり前で、中には現在勤めている人に会って詳しい内容を聞いている人も少なくないようです。志望動機を会社の中身をしっかりと調べてから練り上げれば、きちんと印象付けることができるでしょう。使い古された言葉が通用するほど、転職活動の面接において志望動機を述べることは簡単ではありません。転職の志望動機は、自分が志望する会社に合わせて、十分に情報収集をした上で慎重に考える必要があるのです。