イッサ研究所

会社員や転職者や起業家などに役立つ情報を発信するブログです。

就職の失敗を防ぐには正しい仕事の適性判断は必須

ども、ブロガー講演家のイッサです。

 

今回のテーマは、就職の失敗を防ぐには正しい仕事の適性判断は必須です。

 

 

おすすめ記事

 

【値上げ予定】今からAWSを学ぶエンジニアの1つの指南書_ソリューションアーキテクト問題50問付き!50,000字超えのボリューム【順次追記】 | くろかわこうへい | Brain

 

明日から使える!テレアポ獲得率を10%以上にするノウハウ | 分給150円!悪魔的セールスマン | Brain

 

オンライン秘書の教科書 ~不景気でもおうちで仕事をつくる方法~ | ゆりえもん | Brain

 

f:id:destiny6711:20200422094151j:plain

就職の失敗を防ぐには正しい仕事の適性判断は必須

 

自分にはどんな適性があるかを知るためには、就職支援サービスを上手に使うことです。

 

就職に成功して末長く在籍して働き続けるには、自分の実力を十二分に発揮できる仕事に就く必要があります。給料などの待遇も重要ですが、適性に合った仕事を見つけることが非常に大切です。

 

退職理由が、適正に合わない仕事だということに、勤め始めて気づいたからだという方もいます。

 

いい条件で働けることも重要ですが、それ以上に適正を重視するようにしましょう。今まで、自分がどんなことに興味関心を持って取り組んできたか、何をした時に達成感を感じたかなどを思い出すことが、適正の確認につながります。

 

適正審査を受けてみたい場合は、合同就職セミナーや、就職支援イベントに専用のブースが設けられていることがあるので利用するといいでしょう。

 

システムによる適性診断や専門知識のあるアドバイザーに客観的に判断してもらうことも良い方法です。もし今すぐに適性のある仕事を知りたい時は、大手企業の転職サイトに会員登録し、提示されている質問に回答していくことで適職判断してくれるサービスもあります。

 

どんな仕事に自分が適正があるのかを最終的に認識するには、過去の自分の行動と照合してみたり、適正があると言われた仕事のアルバイトをして、仕事を肌で感じてみることです。

 

自分にはどんな適正があるかを把握できるだけでなく、働いた分の給与ももらえるのでお得です。仕事を探す時に、自分の仕事への適正を確認しておけば、長期間に渡って務められる職場が見つけられます。

 

就職活動に失敗しない為のアドバイス

 

就職活動に失敗しない為のアドバイスはなんでしょうか。

 

面接就職活動のクライマックスとも言える面接に関するアドバイスになります。自己アピールのための舞台は、就職活動においての面接です。面接がそれほど厳しいものではないと、就職活動の過程において、しっかりとした自己分析や、自分の希望や考えをまとめることができていれば言えるのではないでしょうか。

 

すべての人生において経験したことを自分へのアドバイスにかえることが、就職活動においてだけに限らず自分を知るということになるのではないでしょうか。

 

このように得ることのできたアドバイスは全部自分のものとなるでしょう。事前に提出した履歴書やエントリーシートに関する質問を受けることがあっても、確固たるものができあがっていれば自分像がぶれることはないでしょう。

 

よく面接に際して受けるアドバイスに、言語は明瞭に、発言は端的に、姿勢よくなどがあります。

 

これらは自信に伴って現れるもので実行するものではありません。立ち居振る舞いにも、自分の中にゆるがない自信があれば、自然に表れるに違いないのです。就職活動は人生を左右するものですが、ふるいにかけられるのだと感じる必要はありません。

 

前向きな心構えで臨み、就職活動をその後の人生のアドバイスに役立てるのだと思うくらいでちょうど良いのです。

 

就職活動において一番重要なアドバイスは、小器用な面接テクニックを重視するのではなく自分を正しく知り、真正面から表現することではないでしょうか。