イッサ研究所

会社員や転職者や起業家などに役立つ情報を発信するブログです。

就職先で失敗したと感じないための方法

ども、ブロガー講演家のイッサです。

 

今回のテーマは、就職先で失敗したと感じないための方法です。

 

 

おすすめ記事

 

教材代80万、損失額300万。FX歴7年。私の検証と失敗談、そこから確率した手法について | じーえす | Brain

 

【正しい環境認識大全集〜】(初心者・中級者向け) | Ryonymos | Brain

 

メルカリで月20万円 楽に稼ぐ方法 悠々自適ライフ構築する為に! | IKE(アイク) | Brain

 

 

f:id:destiny6711:20200428225908j:plain

就職先で失敗したと感じないための方法

 

どんな会社に就職すべきか決めるためには、生きていく時の自分の価値観を確認しておくことが重要になります。

 

拘束時間の長さや、自宅からの通いやすさ、給料や休日日数など、仕事を選ぶ時の判断基準は個々人で違います。働くことにどのくらいのエネルギーを注ぎたいと思っているかは考え方でも違いがありますので、模範解答はありません。

 

どんな場合でも、自分の納得のいく会社に就職をすることが、人生のあり方を左右します。

 

時代背景や、経済の状況も影響している以上、就職が成功する人もいれば、妥協が必要なこともあります。場合によっては、職場環境が予想と違うものだったり、働き始めて始めてわかる内部事情があったり、苦手な人が同僚だったりします。

 

思っていた会社と違っていても、あっさりと今の仕事を退職すると、転職活動での評価が下がるというネックがあります。

 

仕事は自分の生き方に大きな影響を与える要素ですので、じっくり考えた結果、退職を決断することも、悪くないこともあります。自分がどんな仕事に適正があるかは、実際に働いてみて、体験することでわかることもあります。

 

転職をすることで、自分のスキルを使える会社にたどり着くことができれば、人生も充実度合いも高まるでしょう。

 

どの会社に就職するかは、人生を左右するターニングポイントですので、自分の意思で決めたいものです。転職をして、新しい会社に就職することが自分にとってプラスになるか、よく考えた上で結論を出すようにしましょう。

 

転職した先の職場で失敗だと感じた場合には

 

希望する会社に転職することができて、しばらく働いてみたところ、思い描いていたものと落差を感じることがあります。

 

転職先を探す時に、どれだけ入念な下調べをしていても、会社内部の人間にならなければ見えない事柄もあります。予想していなかったことが次々と出てきて、転職したことが失敗だったと気づいた時にはどうすればよいのでしょうか。

 

転職直後は、新しい環境に慣れることのほうが優先されて、会社の問題点に目がいくことは、ほとんどないようです。

 

しばらく勤めて、ある程度は仕事を回せるようになってくると、今まで気にならなかったことが、気になり始めるものです。けれども、今の段階で転職が成功か、失敗かを決定づける要素としては、足りないでしょう。

 

転職の成功、失敗は、客観的には何とも言えない部分もありますが、自分の中で早々に結論づけるような人もいます。

 

そして失敗だと思うと、一気に気持ちが落ち込んでしまうものです。人によっては、今の会社に見切りをつけて、次を目指して転職活動を始めてしまう人もいます。ですがあまりに早い時期での転職は、次の転職活動においてマイナスポイントになることは確実です。

 

転職先の会社に不満かあっても、1年は働くようにしたいものです。次の転職活動が成功するように、この1年間のうちで新しいことを覚えたり、資格を取るなどの取り組みをしましょう。

 

今回は何が原因で転職に失敗したのかをきちんと掘り下げて、次回の転職活動ではこの失敗を二度としないように配慮することが大切になります。

 

就職の失敗を防ぐには正しい仕事の適性判断は必須

 

自分にはどんな適性があるかを知るためには、就職支援サービスを上手に使うことです。

 

就職に成功して末長く在籍して働き続けるには、自分の実力を十二分に発揮できる仕事に就く必要があります。給料などの待遇も重要ですが、適性に合った仕事を見つけることが非常に大切です。退職理由が、適正に合わない仕事だということに、勤め始めて気づいたからだという方もいます。

 

いい条件で働けることも重要ですが、それ以上に適正を重視するようにしましょう。

 

今まで、自分がどんなことに興味関心を持って取り組んできたか、何をした時に達成感を感じたかなどを思い出すことが、適正の確認につながります。適正審査を受けてみたい場合は、合同就職セミナーや、就職支援イベントに専用のブースが設けられていることがあるので利用するといいでしょう。

 

システムによる適性診断や専門知識のあるアドバイザーに客観的に判断してもらうことも良い方法です。

 

もし今すぐに適性のある仕事を知りたい時は、大手企業の転職サイトに会員登録し、提示されている質問に回答していくことで適職判断してくれるサービスもあります。どんな仕事に自分が適正があるのかを最終的に認識するには、過去の自分の行動と照合してみたり、適正があると言われた仕事のアルバイトをして、仕事を肌で感じてみることです。

 

自分にはどんな適正があるかを把握できるだけでなく、働いた分の給与ももらえるのでお得です。仕事を探す時に、自分の仕事への適正を確認しておけば、長期間に渡って務められる職場が見つけられます。