イッサ研究所

会社員や転職者や起業家などに役立つ情報を発信するブログです。

転職と求人情報とスカウト

ども、ブロガー講演家のイッサです。

 

今回のテーマは、転職と求人情報とスカウトです。

 

 

おすすめ記事

 

【面接編】難関企業攻略の動画就活講座 | 武藤孝幸 株式会社VisionCreator | Brain

 

【2章まで無料公開】オナ禁のリセットをやめて充実させる方法 | ファウスト@オナ禁の専門家×テストステロン | Brain

 

『あつぎのワンコイン相談室』 | あつぎ社長 | Brain

 

f:id:destiny6711:20200427161459j:plain

転職と求人情報とスカウトについて

 

最近は、求人情報サイトで転職先を探す人が多いようです。

 

求人情報サイトの利用方法として、スカウトという仕組みを活用して転職をするものがあります。スカウトというサービスは、仕事探しをしている人たちにとっても、求人情報サイトを利用して人材を募集している会社にとっても、双方にメリットのある便利なサービスなのです。

 

スカウトサービスとは単にスカウトともいい、サイトによってサービスの詳細や名前が違っています。

 

スカウトを使いたい時には、まず、自分がどんな職務経歴や技術を持っているかを求人サイトに登録し、公開できるようにします。サイトに登録された内容は、企業サイドが閲覧できるようにします。

 

採用したい人物を探している会社が、登録されている人を吟味していきます。

 

もしも、たくさんの人の中からこの人と面接をしてみたいという人がいれば、求人サイトを通じてメッセージのやり取りが可能になり、採用試験に進みます。必要な情報を入力するだけで、後は待っていると企業サイドから転職に向けての動きがあるという仕組みです。

 

転職の活動をしている人は利用しない手はありません。

 

会社サイドからの働きかけを待つ方法ですので、スカウトシステムを使っていれば少ない労力で転職先を探すことができます。会社側からしても、確実に自社の必要な人材に声をかけることができるスカウトシステムは便利なものです。

 

人材リストを検索し、条件が合う人を探し出して、面接の段取りを整えれば、人材採用にかかる手間も省けます。

 

企業の立場からも、転職活動をしている人の立場からしても、スカウトサービスを使って欲しい人材を探せる方式は、非常に効率的な人材雇用ができるのです。転職を検討している人は、求人サイトで求人情報を閲覧するだけでなく、スカウトサービスの活用も視野に入れておくといいでしょう。

 

転職活動でのスカウトとは

 

転職活動でのスカウトとはどのようなものなのでしょうか。

 

実際に相談に訪れる人が後を絶たないと言われており、就職難の中でも案外転職を希望している人は多いのも事実です。一般的なのは求人雑誌やハローワークの利用なのですが、スカウト制度を人材あっせん会社で利用する人も最近では多いといいます。

 

スカウトという言葉は、人材の勧誘や引き抜きをイメージする人も多いようです。転職活動でのスカウトはそれとは異なるものです。

 

人材あっせん会社が、転職活動のスカウトでは仲介に入ることになっています。転職先を探している人は、自分の能力や実績、希望する転職先を登録します。求人を出す企業は、どんな人材を求めているかを人材あっせん会社に伝えます。

 

もはや社会問題にもなりつつあるのが、転職に関する相談も年々増加している傾向にあることです。

 

その仕組みは、会社が関心を持てば人材あっせん会社が仲介となって両者の面談の場が設けられるというものです。スカウトの仕組みは各人材あっせん会社によって異なっています。職種や簡単な条件を登録するだけのものから、詳細な履歴書や職務経歴書を作成する必要があるものなどがあるのが、転職活動中の人が登録する内容です。

 

転職スカウトを利用することで、自分では想定していなかった企業から声がかかることもあります。

 

自分自身では気づかなかった可能性が拓けることもあるでしょう。転職市場での自分の価値を知るきっかけになることもあるのが、転職活動でのスカウトです。

 

転職を求人スカウトで成功させる

 

転職をするための方法として求人スカウトというものがあります。

 

希望の職種や、職歴などを求人サイトに登録すると、閲覧した企業がオファーをしてくるという仕組みです。企業は条件を指定して求めている人材を検索し、マッチングした人材をピックアップします。

 

多くの企業にスカウトされるためには、どんな人材が求められているかを把握して、それに沿って登録情報を調節していく人があると言われています。

 

求人企業はさまざまな条件で人材を探すので条件に多くマッチすることが転職を成功させるコツです。人材を探す企業は、これから採用する人がどんなスキルや経験を持っているかを知りたがっていますので、情報ははっきりと書きましょう。

 

職務経歴をしっかりと登録することが大切です。求人企業の人事担当はかなりの数の情報に目を通します。

 

一人一人の情報を細かく見る前に、検索をしてある程度ふるいにかけているという人事担当者もいます。求人スカウトをたくさん受けて転職先を見つけたいのであれば、検索結果の中でアピールするための工夫が必要です。

 

職務経歴書と、自己PR文章は念入りに推敲してください。登録内容を充実させることで、求人企業に見てもらえる可能性が高まりますのでしっかりと記入しておきましょう。求人スカウトをつかえば、転職活動がぐっとやりやすくなります。

 

転職方法のスカウトサービスを利用するメリットやデメリット

 

転職の方法にはいくつかありますが、スカウトサービスを利用するというのも一つの方法です。

 

スカウトサービスとは、就職斡旋会社のキャリアコンサルタントなどから、求人を紹介してもらうというものです。多くの場合、転職活動とは求職者側のアクションから始まるものですが、スカウトサービスは企業側がスカウトをかけることが最初のきっかけです。

 

スカウトサービスを使う時には、就職支援会社に登録をして、転職のためのカウンセリングを受け、転職活動の方針を決定します。

 

経歴や希望する仕事の条件などを登録した後は、その情報を見た企業の採用担当者からのスカウトを待つことになります。会社側からの連絡をもらったら、転職を希望するかどうかを決めて、今後の方針を決定することになります。

 

スカウトサービスを使う方法のメリットは、どのような企業が自分のスキルに興味を示すのか、自分の市場価値はどの程度なのかを把握できることです。

 

とはいえ、スカウトをしてくる企業の全てが自分の能力に見合っているとは限りません。企業によっては手当たり次第にスカウトをしているところもあるので、考えものです。スカウトサービスを利用して声をかけてきた企業が、自分の希望に本当に合致しているかは、十分に考えることです。

 

一口にスカウトサービスといっても、運営主体の方針によっては、業界の得意不得意が存在していることもあります。

 

中には、ハイクラス求人を扱うサイトや一般向けのサイトがあるので、自分の価値や就きたい仕事などによって選ぶようにします。スカウトサービスを活用することで、時間に余裕がない人や、個々の求人に一つ一つ目を通すのが大変だという人でも転職先が探せます。

 

f:id:destiny6711:20200427161946j:plain

転職時には求人サイトのスカウトが便利

 

転職を何度もしていると、次の転職が困難になるという考え方は広く知られており、転職回数は少ないほどいいとされていました。

 

最近なって、転職している回数を重要視することは少なくなりつつあり、以前ほどマイナスの印象を与えることは無いようです。一旦採用された会社を退職することは、よくないことをしているような印象がもたれがちでしたが、近年では転職への忌避感はなくなっています。

 

短絡的に、転職は本来やるべきでないことという感覚は薄れており、むしろ能力がある人は、より条件のいい会社へと移っていくようにもなりました。

 

年収が下がることが、転職をした時の問題点として挙げられるという話もあったようです。近年では、求人サイトのスカウトシステムを活用することによって、よりよい条件で転職ができるようになる人がふえています。

 

転職活動をしている人と、人材を募集している企業が利用できる仕組みであり、求人サイトが仲立ちになって行われているものです。

 

転職を希望している人が、自分の職務職歴やスキル、所持している資格などの情報を予め求人サイトから登録しておきます。登録された情報は、人材を探している企業が閲覧できる状態になり、企業が関心を持った人材があれば、求人サイトを通じて声がかかるという仕組みです。

 

企業側が求人を提示し、就職活動をしている人がその求人を見て、いい求人を探すというスタイルが以前のものでした。

 

応募者の面接をして、いいと思う人を採用するというのが転職の手順ですが、応募者が少なすぎて絞り込みができないケースも存在します。求人サイトのスカウトサービスを利用すれば、転職を希望する人の情報を企業側からも集めることができて、とても便利な方法であるといえるでしょう。