イッサ研究所

会社員や転職者や起業家などに役立つ情報を発信するブログです。

仕事でのストレスの限界を知ることが大切

ども、ブロガー講演家のイッサです。

 

今回のテーマは、仕事でのストレスの限界を知ることが大切です。

 

おすすめ記事

 

Pythonの環境構築と基礎をわかりやすく解説! | いち | Brain

 

【日本一簡単】朝活マニア直伝。早起きが苦手でも1ヶ月で朝型になれる「朝活習慣化」プログラム | さんぽこ@朝活習慣化アドバイザー | Brain

 

個人間融資の闇とカラクリ★激裏情報★初心者必見!! | RYOTA | Brain

 

f:id:destiny6711:20200416011854j:plain

 

仕事でのストレスの限界を知ることが大切

 

仕事に追われて忙しい職場では、あらゆるストレスの環境下に置かれているものです。

 

苦手な人と仕事をこなさなければならなかったり、指導者から常に叱責され続けたり、自分の能力ではやりきれない仕事を任されたりします。自分の中に蓄積されたストレスを上手に発散することができる人や、そもそもストレスを感じていない人など、人の感覚は色々です。

 

自分はストレスの耐性がどのくらいあるか、どうすればストレスを解消できるかを知っておくことが重要なポイントです。

 

ストレスの限界を超えてしまうと、心身共に何かしらのトラブルが起きてしまうので注意が必要です。自分の中で抑え切れないストレスが溜まると、体や心に変調が出る人がほとんどですので、意識していれば気づけます。

 

限界に近づいている時のサインに気づかずに、そのまま放っておくと早晩、限界に達して、心身に大きな異常をきたすようになってしまいます。

 

その上、ストレスのせいで身体トラブルが起きたとしても、ストレスのせいだと気づけないこともあり、そうなるとストレス源対策もできず、休むことしかできない場合もあります。頭痛やめまい、だるさ、吐き気、便秘や下痢などの症状は、ストレス以外の原因で起こることなので、ただ疲れているせいという解釈をされてしまうこともあります。

 

ストレス対策は、健康維持と同じくらい重要なことですので、ストレスを貯め込みすぎないように普段から心がけることが大切です。

 

心身が健康であってこそ、仕事も日常生活もスムーズに行なえることを忘れては、これから先の人生に支障をきたしてしまいます。耐えきれない状況になる前にストレスを発散させるなり、ストレスの源から遠ざかるなりの対処策が重要です。