イッサ研究所

会社員や転職者や起業家などに役立つ情報を発信するブログです。

転職活動は在職中に

ども、ブロガー講演家のイッサです。

 

今回のテーマは、転職活動は在職中にです。

 

 

おすすめ記事

 

Brainテキストエディタ完全攻略!読みやすい記事を制作するためのテクニック | はなげるげ | Brain

 

ZOOMコンテンツを比較的安全に販売する方法 | はなげるげ | Brain

 

【発信で月収6桁達成のテンプレ】月収6桁の中学生が一年間でやってきたこと | キメラゴン | Brain

 

f:id:destiny6711:20200421221100j:plain

転職活動は在職中に

 

転職活動に追われている方の中には、すでに勤めていた会社に退職願を出してしまったケースも含まれていると思います。

 

できれば、今の仕事を続けながら転職活動をする方がお勧めです。転職活動を半年以上続けていているにもかかわらず、採用が決まらないことも珍しくない昨今です。仮に今後収入が入らない場合どのくらい食べていけるでしょう。

 

一年は収入がなくてもいいというなら別ですが、そうでないなら危険です。

 

今の仕事のかたわら求人情報に目を通し、転職したい会社を見つけた時に面接の申込みをする方が、時間のやりくりは難しいかもしれませんが結果的にいい方法です。一刻も早く新しい仕事を見つけなければという焦りがあると、冷静な判断力が失われて脊椎反射的な行動をとってしまいがちです。

 

転職活動で条件を選ぶ余裕もなく、思考も空回りしがちです。

 

納得のできないままに採用がもらえた会社に勤めるという事にもなりかねません。働きながらの転職活動なら、今の条件と比較しながらよりよい職場探しをすることができ、冷静な目で判断をすることができます。

 

生活費を稼ぐために仕事をすると考えている方もいますが、生き甲斐や楽しみを見いだしている人もいます。

 

自分自身の人生に仕事とはどんな意味があるのか、考えたことがない方は、転職活動という機会を通じて仕事に向き合ってみると新たな発見があるかもしれません。充実した転職活動をしていだきたいものです。

 

転職活動を始める前に

 

いろいろな不満が、今の仕事や会社に溜まったとしても、転職を安易にするのは良いことなのでしょうか。

 

失敗の例としては、仕事内容が、憧れで転職した企業だったとしても、自分に向いていなかったり、今よりも待遇が悪い会社を、転職を焦りすぎて選んでしまっりして、転職しなければ良かったと思うこともあるのです。

 

転職してから時間を空けずに次の仕事を探すのでは、せっかく労力を尽くして転職をした意味がありませんね。

 

給与であったり、やりがいであったり、仕事に求めるものは人それぞれ異なります。一度は今の職場や仕事に理想を見出して就職したものの、想像していた仕事内容や職場環境と異なり、違和感を感じることもあるでしょう。

 

しかし、結果を先走りして求め、そこで転職へと決めてしまうのは時期尚早ではないでしょうか。

 

今の職場と自分を、転職活動を始める前に、見直すと良いかもしれません。今の不満は現在の職場では本当に解消できないのか、そしてなぜ転職したいのかを、まずはじっくりと考えてから、もう一度検討してみることが不可欠です。

 

おすすめなのは、解決策はないのか、上司や同僚と話し合ってみることです。多くの不満を抱えて転職を検討している方は、話し合いの場を意外と避けていることがあるようです。

 

同じ職場の仲間と人間関係や仕事のやりがいについて話し合うこともせずに、職場から去っているということはないでしょうか。物事が進まない時も、社会人として仕事をしているのですから、自分から行動を起こさなければあるのではないでしょうか。

 

しかし、行動を起こしても解決されない場合には、より自分に合った仕事や職場を求めて転職活動を始めるべきかも知れません。

 

f:id:destiny6711:20200421221254j:plain

転職活動前の情報収集

 

転職活動では効率的な情報収集が結果を左右するといってもいいでしょう。

 

求人情報の収集をハローワークや求人サイトからすることも大切ですが、欠かせないのは実際に転職活動に取りかかる前に行う情報収集です。事前に集めた転職の情報を元に、転職活動の方向性を決めておくことが成功のポイントです。

 

自己分析によって自分に合う職種を探したり、転職先の希望条件をまとめたり、長期的な転職活動の計画を立てたりする場合いも、情報集めがそれぞれに見合った形で必要だといえるでしょう。

 

どんなものが、転職活動をする前に必要な情報だといえるのでしょう。まずはじめに自分に関する情報集めをすることが必要です。

 

自分の経歴の棚卸しをして、必要であれば第三者の意見を求め、何のために転職をするかをはっきりさせます。自分自身の市場価値を、人材派遣会社に登録をすることで調べてみるといいでしょう。

 

下調べを希望の業種や地域について行いたいのは、転職の方向性が定まった場合です。

 

ハローワークに行ったり、求人サイトなどに登録をして目指す職種に関するリサーチをすることは、今すぐの転職を考えていない人にとっても大切なことです。時に短期決戦になることもあるのが転職活動ですが、情報収集はたとえどれほど急いでいても怠らないようにしたほうが良いでしょう。

 

入社への意欲をアピールすることも、時間が無いからと転職に関する情報収集を妥協していると、厳しくなってしまうでしょう。

 

f:id:destiny6711:20200421221526j:plain

転職には履歴書が必要

 

履歴書は、転職活動に必要不可欠なものといえるでしょう。

 

求人企業に応募する時は、履歴書を求められることがほとんどです。履歴書は転職活動ではほぼ間違いなく必要になります。履歴書は、転職をするためには避けて通れない物です。代わり映えがしないと感じる人もいるでしょうが、必要な物であることは変わりありません。

 

転職時に必要となる履歴書は、自分の個人情報、学歴、職歴をまとめる欄の他にも、資格、志望動機、趣味等の欄も履歴書には記入する箇所があります。

 

何度も書いていると、どうしても面倒になってくる履歴書なので、とりあえず項目だけ埋めれば良いだろうと考えている人も多い様です。適当に記入した履歴書では、人事担当者に良い印象を与えません。

 

実は転職に臨む姿勢が、履歴書の書き方で判断されているのです。

 

採用担当者の中には、写真がわくの中に収まっているか、判子の押し方はきれいかなど、様々な点を見ていることもあります。会社の戦力になりえる人材を探すため、採用担当者は転職希望者一人一人を厳しい目が見ているといっていいでしょう。

 

転職とは今後の人生を左右するものです。

 

今後の生き方に大きな影響がある転職をする時に、書類一つきちんと書けない人であるという評価をされてしまっては、元も子もありません。心を込めて真摯な履歴書を書くことで、重要な決定となる転職活動を成功させたいものです。

 

転職活動の履歴書作成のポイント

 

転職活動をうまくやり遂げるには、履歴書をしっかり書くことが大事です。

 

しっかりとした履歴書を作成できなければ書類審査すら通過することはできません。転職のための履歴書の中でもポイントになるのは志望動機の部分です。大企業に入りたい、高い給料が欲しいという動機を書いても、相手の心はとらえられません。

 

現在に至るまでにどんな仕事をしていたか、将来的にどんな仕事をしたいかを志望動機に盛りこんで、履歴書を作成します。

 

どういった点に注意をして、志望動機を書くべきでしょう。求人内容を理解しているか、企業の事業内容や方向性を理解しているか、志望企業でキャリアを生かせるかということです。記入欄の九割を目途に文章は埋めましょう。

 

これまで自分の経験してきたことを具体的に書き、そこから志望動機につなげていきましょう。

 

きちんと志望企業の求人内容を理解したうえで、転職前のキャリアを生かして新しい会社でどんな仕事に取組みたいかをアピールしましょう。求人条件がいいからとか、待遇や給与が気に入ったから、就職あっせん会社から紹介されたからという理由は理由になりません。

 

中途採用者を探している会社は、どんなスキルを持つ人が欲しいかがはっきりしています。能動的に転職活動をしていきましょう。

 

業務に関する知識は全くないけれどやる気だけはありますというアピールは受け付けにくいようです。転職活動の履歴書を作成するときには、しっかりと企業に自分をアピールできるものに仕上げましょう。

 

f:id:destiny6711:20200421222309j:plain

転職活動には求人情報を効率よく集めて比較検討することが大切

 

最近は、転職に興味を持った人がすぐに調べられるような求人サイトの数が多くなり、求人情報を閲覧しやすくなりました。

 

求人情報が掲載されている求人サイトは、検索すれば手軽に探し出せます。最近は、メールアドレスを登録する時に求人情報の条件を登録すると、条件に合致する新着の求人があった時に通知をしてもらうこともできます。

 

常に新しい求人情報を得たいという人は、求人サイトだけでなく、街中にある求人フリーペーパーも役立ちます。

 

転職活動で重要なことは、たくさん集めた情報を精査した上で、どの求人に応募するべきかを検討することにあります。転職を検討する時は、どういう条件で仕事を探すべきかがとても大事でする方針を見誤ると、転職がうまくいかないこともあります。

 

求人サイトやフリーペーパーを活用したり、ハローワークで相談をしたり、知人に紹介してもらうなどのやり方もあります。

 

自分の判断に自信を持って転職をやり遂げるためには、求人情報の中から自分の納得のいく答えを出して、入りたい仕事を見出すことが肝心になります。転職活動そのものはできても、仕事をしているうちに問題が起きて、長く続けられなかったとしたら意味がありません。

 

転職をする人がわずかだった時代に比べ、現代では仕事を変えることが珍しくなくなっており、転職もしやすくなりました。

 

転職経験があるからといって即座にネガティブなイメージを持たれることはないですが、転職ばかりしている人は不利になることもあります。無駄な転職をしてしまわないように、きちんと求人情報を吟味して、転職活動をやり遂げたいものです。

 

転職活動をする際に効率的に求人情報を探す方法とは

 

どのようにして求人情報を集めるかが、転職活動では重要です。

 

最近は、求人情報を収集する手段が多様化していて、どうすればいいか混乱してしまいがちです。インターネットの求人情報サイトもたくさんありますので、希望の職種の求人が掲載されているものを探しましょう。

 

求人サイトにいくつも登録して、手に入る限りの求人情報を得ようとする人も少なくありません。

 

様々なサイトに登録していると、紹介のメルマガが多く鳴りすぎたり、一つ一つを見て回る時間がなくなったりします。転職情報を収集する時には、ネットの転職サイトに登録するのはあまり多くならないようにしましょう。

 

手広く求人情報を掲載している大手のサイトもあれば、業種や職種を絞って求人情報を取り扱っているところもあります。

 

転職に生かせるような資格がないと考えている人でも、人材バンクの登録で転職先が見つかることがあります。特定の業種で一定年数を働いたことがある人を採用したいと思っている企業は多いようです。

 

自分では特に意識していなかった職歴が、転職活動をする時に思いがけず役に立つこともあるようです。

 

今の仕事を続けながら、ハローワークに行って仕事を探し、転職先を探すという人もいて、失業前でもハローワークは便利に使えます。大企業にこだわらない人ならば、地元地域の求人情報がたくさんあるハローワークも転職活動にはたいへん役に立ちます。

 

f:id:destiny6711:20200421222532j:plain

転職活動に必要な自己分析で自分にマッチした仕事を見つける

 

転職を志す時に、どんな仕事が自分の適性に合うかを見つけるためには、自己分析をすることが大事です。

 

転職する際に自分にはどのような仕事が合っているのかということが分かる自己分析方法があります。文章書きや、音楽作成などの創造性が必要となる仕事につく人は、自己分析ではそれらの仕事への適性があることが多いようです。

 

芸術的の対極にあるのが慣習的で、この傾向のある人は、やることが決まっている仕事が適しています。

 

経理事務や、データの入力は、根気よくやり遂げる能力が必要となります。自己分析の項目の中には、企業的というものがあります。名前からはイメージがわかりにくいですが、組織運営的な能力です。

 

転職先を探す場合、未経験の職種を選ぶのか、職歴を生かして次の仕事を探したほうがいいのか、判断に困ってしまうことがあります。

 

自己分析をすることによって、自分に合った仕事とは何かということが分かるので、仕事探しに役立てられます。自己分析を行って、気づかなかった自分の側面に対する理解を深めることが、転職活動の足がかりになることがあります。

 

具体的な診断方法ですが、まずネット上で自己分析と検索すれば、いくつか診断出来るサイトが出てきます。

 

質問に対する答えを選択することで、自己分析の結果を解説と一緒に見ることができます。転職活動の方針を決定する時に自己分析の結果を組み込むことで、自分の能力に合う仕事探しができるようになります。