イッサ研究所

会社員や転職者や起業家などに役立つ情報を発信するブログです。

会社を辞めることを決意した時の円満退職の進め方!

ども、ブロガー講演家のイッサです。

 

おすすめ記事

 

【発信で月収6桁達成のテンプレ】月収6桁の中学生が一年間でやってきたこと | キメラゴン | Brain

 

マンガ系YouTube収益化スターターパック【特典:市場調査シート】13,500文字の特大ボリューム | hikoboxi | Brain

 

正しいお金の増やし方(2020年版) | なおゆ | Brain

 

 

今回のテーマは、転職を考える時会社を辞めることを決意した時の円満退職の進め方です。

 

 

f:id:destiny6711:20200317215039j:plain

転職を考えて会社を辞める決意をした時

 

働いていると、仕事が思うように進まなかったり、職場環境や待遇がストレスになったりという時があります。

 

そんな時に転職を考える人も少なくないようです。転職を考える理由は、会社を辞めたいからという場合もあります。転職先を見つけて退職するという考え方は、魅力的に感じることもあるでしょう。

 

ただし、良い考えといえるかといえば、決してそんなことはありません。

 

今の職場を離れたいと考える要因は、個人個人で違いますが何かしらあるはずです。会社の人と折り合いが合わなかったり、残業や休日出勤が多すぎたりということもあります。状況は転職すれば、変わるでしょうか。

 

少なくとも、仕事内容や待遇には満足しているかもしれません。

 

仕事を始めれば、思うとおりにならないことはあります。現在の職場を離れたいからと行う転職活動は、仕事を離れることを第一に考えがちです。そのために、転職について十分考えられない場合もあります。新しい仕事を選ぶ時にかつての仕事のあり方に振り回されないよう、転職先を明晰な状態の頭で考えることが欠かせません。

 

働きながらの転職活動は、メンタル的ににも苦しい時を過ごさなければならないでしょう。

 

しかし、転職活動とはそういう時期を乗り越えなければいけないものと、時間をかけてじっくり考えることも大事です。

 

f:id:destiny6711:20200317215732j:plain


 

円満退職すべき場合でも退職理由は慎重に考えること

 

会社を辞める経験はないけれど、円満に退職することで、会社の間が有効的な関係のままでいたいという方は多いようです。

 

会社を円満退職したいと考えているならば、就業規則などをチェックして、退職の意思はいつ頃伝えるべきかを確認しましょう。社内での慣行は1ヶ月前ですが、就業規則では2週間となっていれば、より早いほうを採用しましょう。

 

円満退職するには、仕事の引き継ぎや後任探しに支障が出ないように努める必要があります。

 

残っている有給休暇は使い終わってから退職したいという場合は、その分、早く相手に伝える必要があります。上司と話すタイミングがあった時などに、退職を考えている旨を伝えるようにします。上司には退職したいという気持ちと理由を話すことになります。

 

退職したいという意思表示をする時は、引き止められることもありますので、理論武装も必要です。

 

できるだけポジティブな退職理由をつくることが重要です。不満を解消する方向で会社に引き留められて円満退職できなくなる可能性があります。退職をしたい旨を上司に伝え、同意を得た上で、退職届を作成しましょう。退職までのプランを立てて、引き継ぎなども十分にできるようお膳立てをしてから退職することでは、円満退職をするためには大切です

 

転職する時

 

会社を円満に退職したい場合、どんな理由で退職するのかが重要です。

 

家の事業を継ぐ時や、結婚をする時は、十分に退職理由になります。これは、会社サイドが退職意思を思い直すように交渉してくることを避けるためです。退職をする動機は、家の理由だけではありません。会社に対する不満や問題点が、退職につながることがあります。

 

給与が低い、休みがない、上司が高圧的、仕事にやりがいがないなどが退職理由である人もいます。

 

会社の不当な扱いが退職を決めた理由だという人は、どこかに一切の事情を相談して退職を目指すというやり方もあります。労働組合や無料法律相談、場合によっては労働基準監督署でも相談することが可能です。普通に考えれば、退職する時は円満に話がまとまるように努力したほうが、双方にとって都合がいい結果が得られます。

 

ケースによっては、円満退職を諦めて、他の選択肢を選んだほうがいいことがあります。

 

失業保険を受け取れるタイミングは、会社都合になったほうが早まりますし、再就職を目指した活動がしやすくなることがあります。退職後3カ月してからでなければ、自己都合で退職した時はお金を受け取ることができません。会社都合による退職になれば、失業保険の給付受け取りまで、待機期間が設定されていないのです。

 

前職の退職理由が会社都合の場合には、自己都合よりも印象は良くなり、就職活動もしやすくなります。

 

円満に退職するために必要なステップとメリットについて

 

転職をする人が増えてきた昨今では、仕事のミスやちょっとしたトラブルで退職する人も多いようです。

 

些細な利用で退職されてしまうと会社側も受け入れがたいので、円満に退職できないことがあります。円満退職することによるメリットとは、第一に良い印象で退職できることです。退職をした後に悪口を言われていたり、退職後に金銭的なトラブルや損害賠償問題に発展することも避けられます。

 

そして、もう一つは退職後の人間関係を維持できることです。退職してからも、かつての同僚や上司と仲良くしておくことができれば、今後の人生でコネクションになることもあります。

 

円満退職をするためには、どんな点に注意をするといいでしょう。まずは、上司には辞める1ヶ月前には伝えましょう。前もって退職の意思を伝えておくことで、仕事の引き継ぎもしやすくなりますし、周囲の人も心の準備ができるようになります。円満な退職を目指すには、余裕を持って退職の願いを出すようにしましょう。

 

退職理由を会社に伝える時は、個人的な事情を、ポジティブな表現で伝えることです。会社としても人材を失う事は大きな損失になるので、引き止められてしまうことも多いです。周囲が納得するようなしっかりとした理由があれば、スムーズに円満退職ができるでしょう。