イッサ研究所

会社員や転職者や起業家などに役立つ情報を発信するブログです。

派遣会社の求人で転職がスムーズに

ども、ブロガー講演家のイッサです。

 

今回のテーマは、派遣会社の求人で転職がスムーズにです。

 

 

f:id:destiny6711:20200315010229j:plain


 

派遣会社の求人で転職

最近では、悪いイメージが多い派遣会社の求人ですが、就職に困っているときは大変助かります。

 

派遣会社の求人への就職はハードルが低く、とりあえず、就職してお金をためてから再就職もありです。転職を派遣会社の求人を活用することでスムーズに進めることができます。求人サイトには、派遣会社が運営しており、転職への足がかりとしての派遣の仕事を探している人のためのサイトもありますし、転職によって前職よりいい条件を得たいという人のためのサイトもあります。

 

転職者の増加の背景には、終身雇用制度が薄れてきた現在の働き方も関わっているようです。

 

これまで働いてきたことを元にして、より大きな仕事を任せてくれる、あるいは待遇のいい会社に移ることは、現代社会人では珍しくはないようです。働きながら求人情報をこまめにチェックし転職活動を行なうにはかなりの根気が必要となります。転職を断念するケースも多いようです。

 

派遣会社の求人紹介制度を活用すれば、仕事をしながら求人活動をチェックすることは難しくはありません。

 

派遣会社に登録をする時に、働きたい仕事の内容や業種、給与などの条件をつたえておくことで、希望に沿った求人があれば教えてもらえます。面接までの手配などを行い、面接には担当者が同行してくれるケースがほとんどなので大変助かります。正社員への採用を見越して、決まった期間だけ派遣社員として働いてもらうことで、どんな人物か見極めるという会社もあります。

 

正社員として職を得たいという側にも、頼りになる人材が欲しいという企業側にも、両方にとって悪くない話といえるでしょう。会社にとっても、派遣社員としての仕事ぶりを見て、正社員になってもらいたいかどうかを決められます。働く側は、正社員として採用される前に働きながら仕事内容のみならず、職場の雰囲気などの働いてからでないと判らないことを派遣社員として働きながら知ることが出来るといったメリットがあります。

 

転職を考えている人はまず、派遣会社に登録をして希望に合った求人企業を紹介してもらうことも、効率の良い就職活動の方法だといえます。

 

f:id:destiny6711:20200315010403j:plain

 

人材派遣の仕組み

 

人材派遣の仕組みについて調べてみました。最近何かと話題になっている非正規社員の雇用問題です。

 

特に人材派遣会社を利用した派遣社員の雇用は、正社員よりも人件費が安く抑えられるので需要は年々高まっています。転職活動で正社員になろうとしてうまくいかない中でも、派遣の仕事は就きやすいようです。派遣会社を何社か利用し、派遣されて働くという形を取っている人は多いようです。

 

派遣切りという言葉がありますが、派遣社員として働くための契約は複雑な条件がある場合があります。

 

正社員は心配しないでいいことが派遣では関わる場合もあります。企業側としても、派遣社員の雇用は正社員とは勝手が違う部分があるということを把握した上で人を使うことが求められます。通常派遣社員は、派遣会社と雇用契約を結び、実務についての指示は派遣先の企業から受けるというシステムになっています。給与の支払元は派遣先の会社ではなく、派遣会社側というスタイルです。

 

派遣社員を雇うことは、人手が足りない時にその都度労働者を増やすことができることが魅力的です。人材会社から条件に合う人を派遣してもらうことで、採用の手間を省略することもできるのです。

 

派遣会社に登録するときは希望の職種が多い所へ

 

派遣会社によって得意な業種は異なっていますので、自分がつきたい業種に合わせて派遣会社を選択しましょう。

 

派遣で仕事をする場合、派遣会社に登録する方法が一般的です。給与待遇など、少しでも労働条件のいい職場で働きたいという考え方から派遣会社を選ぶ人もいますが、それ以外の選び方があります。派遣会社は、工場系や事務系、エンジニア系、販売系など色々な職種を取り扱っています。

 

派遣会社の中には、特定の業種の求人に特に強いというところもあるようです。

 

業種も職種も選ばず、派遣社員として仕事をすることを最優先とするなら、件数が多ければOKです。製造業で働きたいと思っている人は、製造業の求人が特に多い派遣会社を選ぶといいでしょう。特化している派遣会社は、その職種の求人数が多く数が多い分だけ、比較しながら探すことができます。

 

販売業の求人を数多く扱っている派遣会社の場合、スーパーやコンビニの求人を速やかに見つけ出せることもあります。

 

給与額だけに着目して派遣会社を選ぶと、自分に合わない仕事をすることになったり、もっと良い条件の求人を逃す可能性があります。派遣社員として働くために派遣会社に登録をする時には、自分が希望する仕事内容に関する情報を多く扱っているような派遣会社を選ぶという視点も大事になります。

 

希望に沿った派遣先を見つけるためには、まず派遣会社に登録する時に、求人の内容をチェックすることです。

 

f:id:destiny6711:20200315010459j:plain

派遣の仕事のデメリット

 

派遣の仕事のデメリットとはあるのでしょうか。

 

派遣で働く際に最も気になる点とは、決められた契約期間が終わってからの次の仕事の保証がないことです。最近は派遣切りなどといって、派遣期間が終了していないにもかかわらず、会社の経営状況の悪化などの理由により、派遣期間を短くされてしまう事などもおこっています。

 

区切られた契約期間で働くというスタイルは、利点になると同時に欠点にもなりえるというわけです。

 

派遣の場合期間限定での仕事であるため、なかなか重要なポジションや、責任のある仕事を任せてもらえないと言う事もあります。それだけでなく、与えられた仕事を必死でこなしたとしても、次の仕事に結びつくような評価をされづらいようです。仕事に取り組む熱意を持ち続けることも難しくなります。

 

もう一つのデメリットは、ボーナスがもらえないと言う事と、福利厚生が悪いと言うのも上げられます。

 

もっとも福利厚生は徐々にいい方向に状況は動いているようです。社会保険が使えて保養所も認められていることも、全てではないですが多くなっています。福利厚生は派遣会社毎に個々に異なりますので、登録時によくチェックしましょう。派遣の仕事は、他の仕事と同じようにメリットとデメリットの両方があります。

 

派遣の仕事と勉強や育児を同じように充実させるには、バランスをとる事が大切です。

 

派遣の仕事と就職

 

かつては、派遣として就職した時はデータの打ち込みや一般事務などの単純な仕事がほとんどでした。

 

正規の雇用とは、仕事の重みも内容も根本から異なるものといわれていました。近年では、派遣の仕事といっても多くの仕事があるようです。営業や旅行業、コンピューター関係など専門化も進んでいます。就職をしたいと言う人にも、ある意味便利なのではないでしょうか。

 

同業内でのいくつかの会社を経験することで、広い視点を得ることができるのではないでしょうか。

 

勤務時間帯や待遇などは選択の余地がありますし、色々な企業での体験を次に活かすことができます。派遣の仕事は、何か目的がある人には最適な就職先といえるかも知れません。近々自分の会社を作るという人や長期にわたっての海外旅行を考えている人、資格を取りたい人などがこれに当たります。それぞれに優先順位があり、したいことを優先できる職場というのは、普通の一般の就職ではなかなかめぐり合える事ができないものです。

 

派遣の仕事は、即戦力を求められるので、何よりもスキルアップに努めなくてはなりません。正社員として就職するよりも、求められるスキルは高いことがあるともいいます。自分を高めたい人には相性がいいかもしれません。

 

派遣の仕事は、派遣会社を決め登録する事から始まりますので、普通の就職とは異なっている面もあるようです。