イッサ研究所

会社員や転職者や起業家などに役立つ情報を発信するブログです。

年代別にみる転職の自己PRのポイント

ども、ブロガー講演家のイッサです。

 

今回のテーマは、年代別にみる転職の自己PRのポイントです。

 

おすすめ記事

 

心もお金にも潤いを。100年時代を生きる為のワーク | 心理学者 Ryo | Brain

 

マナブさん風 テロップ集9点セット【Premire PRO】 | かずや@動画編集 | Brain

 

マンガ系YouTube収益化スターターパック【特典:市場調査シート】13,500文字の特大ボリューム | hikoboxi | Brain

 

f:id:destiny6711:20200321235159p:plain

仕事と自己アピール

 

仕事探しで重要なことは、自分をいかにして売り込むかです。

 

考え方によっては、就職の際の面接は、自分を理解してもらう、知ってもらうと場だともいえます。正確に相手に自分のことを伝えることで事態が好転することもあるでしょうし、相手に自分という商品をアピールする場であるともいえるでしょう。会社側が想定している仕事を自分ならできるという売り込みも重要です。

 

自分に対して相手である企業が求めていることを知っておきましょう。

 

自分の資質の中から仕事にマッチする部分を抽出するためにも、どんな人材を会社が求めているかを募集条件や会社の仕事内容からチェックしましょう。自己分析の段階で自分を売り込むポイントは、会社の求める人物像に合わせて自分の売り込み要素を選べるよういくつか考えておいたほうが良いでしょう。面接時に会社へ伝える方法を、自分のどんな点を会社に対して売り込むかを決めたら検討していきましょう。

 

明確なイメージを抽象的ないい回しでは相手に持ってもらいにくいので、簡潔で具体的な内容にできるだけしておきましょう。まず結論を言い次に結論に至るまでのエピソードや理由を伝えることが、面接時のコツだといえます。内容をまとめる時に大事なことは矛盾がないことです。

 

自分の強みをきちんとアピールして売りこむことができれば、仕事を得るチャンスも広がってきます。

 

年代別にみる転職の自己PRのポイント

 

自己PRをどうするかで、転職活動がうまくいくかは大きく異なります。

 

希望の職種へと転職を成功させるためには、きちんとした自己PRを作ることが欠かせません。何歳の時点での転職かでも、自己PRの内容は異なります。同じ自己PRでも、これから社会に船出しようと20代と、社会人人生も半ばの40代とでは、条件が違います。20代の人が自己PRをつくろうとすると、自分のいいところや、アルバイト経験で得たものなどが内容の中心になります。

 

一方、中途採用は、新卒とはまた違う見方をします。

 

これまでの実績や経験と、自己PRがつながっていることが、説得力のある自己PRになるでしょう。30代は、ある程度知識や経験が豊富です。過去の成果や実績をアピールする場合には、ただ羅列をするだけではいけません。どのようなことを成し遂げて、どんな実績を残したかを、筋道立ててまとめます。

 

企業サイドから見て、戦力になれる人材かどうかを判断する基準が、自己PRであるといえます。

 

自己PRを作る時に大事なことは、シンプルで、要点をまとめた自己PRの文章をつくることです。40代になると、仕事の経験は多いけれど、その分柔軟性を失って、新たな環境に馴染みにくくなっていないかと警戒されることもあります。

 

自己PRを作成する時には、実績や経験だけでなく、新しい環境に飛び込む積極性も意識するといいでしょう。それぞれの年代で自己PRのポイントは異なりますので意識しながら作成し、転職を成功させましょう。

 

自己PRは応募する会社によって変えることが必要

 

自己PRの内容をまとめる時には、転職希望先の会社情報を参考にしましょう。

 

転職する時に作成する履歴書や職務経歴書には、必ず自己PRの欄があります。また、採用面接の場でも、自己PRは重要になります。採用の可否を決める判断材料になるので、しっかりと準備しておくことをおすすめします。

 

可能な限り、担当者の評価が高くなってくれるような自己PRをすることを意識して臨みたいものです。

 

自己PRといっても、応募する会社とあまり関連のないことをアピールしたのでは、採用する側に興味を持ってもらうことはできません。会社の業務内容に関係のない資格があることを自己PRでアピールしても、評価される見込みはないからです。

 

例えば、未経験の新しい業種に転職しようという時には、これまでの経験から応募する会社が求めるスキルや人物像に当てはまる部分をピックアップする作業が必要になります。

 

転職活動を成功させることができるかどうかは、会社が採用したいと思っている人材の能力を察知できるかどうかです。これまで経験した業界と同じ分野に転職しようという場合には、今までのキャリアを活かしたアピールをすることが大切になります。転職活動のタイミングが早い人は、自分の若さを自己PRに用いるために、考え方がまだ凝り固まっていないことを前面に押し出すという方法もあるでしょう。

 

何度も自己PRの内容について深く掘り下げることで、きっと転職に成功して、希望する会社で働くことができるでしょう。