イッサ研究所

会社員や転職者や起業家などに役立つ情報を発信するブログです。

求人募集と情報収集について!

ども、ブロガー講演家のイッサです。

 

今回のテーマは、求人募集と情報収集についてです。

 

f:id:destiny6711:20200302103012j:plain

 

求人募集について

最近は、インターネットの就職サイトや就職情報誌から求人募集の情報を得て、仕事探しを行っているという方が多くなっています。数ある求人サイトや情報収集などからいい仕事を見つけるにはどうしたらいいの?っていう疑問にお応えします。

 

インターネット求人がメインになった最近でも案外と役立つのがハローワークです。ネット環境が今ほど整っておらず、求人サイトなどがなかった頃から、ハローワークは失業中の対応や職業斡旋を長い間取り扱ってきました。

 

ハローワークという言葉を聞くと、今はもう時代遅れのように感じる方もいるようです。現在のハローワークは、求人サイトに匹敵する求人情報を持っているといえるでしょう。

 

求人情報を探す時に一番大切なのが、情報を収集する方法です。1つ求人サイトを選んで検索をしていれば情報は入ると考えている人もいるようですが、複数存在する求人サイトの全てに出ている求人はごくまれです。

 

複数の求人サイトに登録をすることで、どこか1つに自分の求める求人があるかを探すことも可能になります。新しい仕事を得るため、求人の募集は前向きに検討しましょう。1つの求人に応募が集中する可能性もあるので、えり好みしすぎないことも大事です。求人募集の状況にもよりますが、今は買い手市場とも言われています。募集を出せば、本当にたくさんの求職者からの応募があることが普通です。

 

求人の絶対数が少なく、なかなか採用が決まらない現在の情勢では、少しでもいいと思った求人募集はどんどん応募することがおすすめです。

 

f:id:destiny6711:20200302103436j:plain

転職を求人スカウトで成功させる

転職をするための方法として求人スカウトというものがあります。希望の職種や、職歴などを求人サイトに登録すると、閲覧した企業がオファーをしてくるという仕組みです。企業は条件を指定して求めている人材を検索し、マッチングした人材をピックアップします。

 

求人登録情報をわかりやすく登録する

多くの企業にスカウトされるためには、どんな人材が求められているかを把握して、それに沿って登録情報を調節していく人があると言われています。求人企業はさまざまな条件で人材を探すので条件に多くマッチすることが転職を成功させるコツです。人材を探す企業は、これから採用する人がどんなスキルや経験を持っているかを知りたがっていますので、情報ははっきりと書きましょう。

 

職務経歴をしっかりと登録することが大切です。求人企業の人事担当はかなりの数の情報に目を通します。一人一人の情報を細かく見る前に、検索をしてある程度ふるいにかけているという人事担当者もいます。求人スカウトをたくさん受けて転職先を見つけたいのであれば、検索結果の中でアピールするための工夫が必要です。

 

職務経歴書と、自己PR文章は念入りに推敲してください。登録内容を充実させることで、求人企業に見てもらえる可能性が高まりますのでしっかりと記入しておきましょう。求人スカウトをつかえば、転職活動がぐっとやりやすくなります

 

転職情報を求人サイトで入手する

求人サイトは、転職活動に必要な情報を効率的に入手できる便利なツールです。

 

転職に必要な求人情報は直接ハローワークに行くか求人情報誌を買うかが、かつては主流だったといいます。インターネットが普及してからは、インターネットの求人サイトを利用する人の割合が増加しています。単に転職情報を掲載しているだけではないのが、求人サイトというものです。

 

転職のノウハウや履歴書の添削や自己診断サービスなども利用できるサイトのことです。求人サイトの利点は24時間いつでも情報を入手できます。

 

自分の希望に沿った求人情報を簡単に、膨大な数の求人情報の中から検索サービスを利用して得ることが可能なのです。夜自宅に帰ってからでも次の転職先を探すことが、仕事をしている人でも昼間は働き続けながら出来るようになっているのです。

 

求人情報が単に掲載されているだけではないのが求人サイトの特徴です。転職用語の解説や面接のコツや事前の心構えなど、転職に関する様々な情報が掲載されているといいます。いくつか求人サイトにはタイプがあり、さまざまな特徴が、サイトによって求人情報の内容にもあるようです。求人サイトには登録が必要なところもありますが、すべての求人サイトが無料で登録が出来るようになっています。

 

最後に

求人サイトに無料登録して、さまざまなサービスを利用しながら、求人情報を入手することから転職活動はスタートします。みなさんの転職のお役に立てたら、幸いです。最近では2人に一人は転職する時代ですから、この機会に転職を検討して見ても良いと思います。不景気が本格化する前に動き出すのがいいでしょう。