イッサ研究所

会社員や転職者や起業家などに役立つ情報を発信するブログです。

転職活動のために情報を得ることは必要不可欠です

ども、ブロガー講演家のイッサです。

 

今回のテーマは、転職活動のために情報を得ることは必要不可欠です!

 

 

おすすめ記事

 

【ご案内】まさとサロン。 | まさと@毎日おうえん執事 | Brain

 

【マイホームは新築?賃貸?マンション?】その②ハウスメーカー編 | 人生大臣 | Brain

 

イケハヤ式から変わる最新Brain攻略法【2倍のアクセスで稼げ】 | りょうま@物販欧米・メルカリ | Brain

 

f:id:destiny6711:20200327102742j:plain

転職活動のために情報を得ることは必要不可欠

 

転職活動に取り組む際に大切なことは、どのようにして情報を得るかでしょう。

 

転職をしようと決めた時の最初の一歩は、とにかく情報を集めることが大切です。どんなにたくさんの情報を手に入れても、その中に自分の求めるものがなければ意味がありません。吟味するための情報がなければ、自分にとって有益な話を知る機会も失われますので、まずは情報を集めることです。

 

近年では、数多くの人がネットを活用しての情報集めを転職につなげています。

 

ですが、ネット上に掲載されている求人情報は誰でも簡単にアクセスできるものですから、特別感が無いのが難点です。早く情報を得た人、早く行動をした人が有利になる傾向があり、いい情報をこっそり得るということはできません。巷に溢れている転職情報の中には、残念ながら信頼できないものもたくさんあります。

 

各企業が人材を募集しているサイトをつくっていれば、そこにアクセスすることが最も直接的な方法といえます。

 

企業のサイトに載っていることはよく読んで、業界の動きや気になったことを調べておくことで、面接を受ける時に有用な情報を得ることができます。入社の意欲が高いことを相手に伝えるためには、事前に得た情報を活かして面接での会話につなげていくことです。転職時において、情報を集めるという地道な努力は、転職を成功させるために必要なことなのです。

 

就職や転職をするときはその業界の研究も必要

 

就職や転職をするときは、自分の仕事の業界の研究をすることが必要になります。

 

その業界の現在の状況やこれからの展望、問題点などを研究して頭の中に入れておけば、面接時にともて有利になります。インターネットから得られる業界の情報は、とても豊富なものです。業界以外の人でもわかりやすく書かれた紹介記事を知りたい場合は、求人サイトの紹介文章が役に立ちます。

 

同じ業界の中で、いくつかの会社のホームページに目を通しておくことも必要です。

 

各社のホームページは、それぞれの企業がどんな規模で、どういう方向に成長したいと思っているかなどがあるので、業界自体の動きの把握が可能です。業界の研究を通して知ったことは、ノートにまとめるようにしておくことで、面接試験の対策をするときに活用できます。面接のときは、志望の理由やその会社に入って自分がしたい仕事などが質問されます。

 

やりたい仕事や、志望の理由には、業界について情報収集をして感じたことを混ぜ込むように意識します。

 

別の人でも言えるようなことを言うのではなく、業界研究をしてきたからこそ言えるような、この場に最も合う言葉を出せるかが、面接では重要です。業界に関する知識が豊富であれば、会社にすぐに溶け込んで、成果を出してくれる人材だと判断されるでしょう。業界の研究を十分に済ませているということは熱心さのアピールにもなりますので、面接試験により通り安くなるといえます。

 

転職情報サイトの有効利用

 

企業によりそれぞれ独自の方法で就職情報を提供しているのが、転職情報サイトを運営する会社です。

 

多くの就職情報サイトでは、転職希望者と求人を募集している企業とのマッチングサービスが充実しています。就職情報サイトでは、すでに転職希望者としてサイトに登録している人の中から、企業が必要としている人材を見つけ出し紹介するといった仲介業務も行っており、これがよく耳にするスカウトというものです。

 

転職支援セミナーなどを独自に開催して、転職のノウハウを求職者に教えることもしており、転職情報を提供するだけではないようです。

 

専門の人材コンサルタントによる面接の指導などを、転職サイトの中の支援サービスを利用すれば受けることもできるでしょう。実際に転職情報サイトを利用するには、個人情報をインターネット上で登録することから始まります。会社を辞めていなくても登録が可能になっており、これらの登録は、無料で出来る転職情報サイトがほとんどだそうです。

 

在職中の人でも帰宅してからの時間を活用して転職活動ができるので、転職のリスクが少なくてすむのも転職情報サイトのメリットでもあります。

 

転職を考えている人の中には個人情報を、転職情報サイトに登録することに不安を感じるという人もけっこう多いようですが、個人情報の取扱いも厳正に行われているので、大手のサイトであればまず問題ないと言っていいのではないでしょうか。労働大臣による人材紹介業の許可番号を、転職情報サイトを運営し、人材紹介サービスを提供している企業は、取らなければなりません。

 

もし、クレームや問題が頻繁にある企業であれば、人材紹介業の許可が取り消されますし、トラブルも人材紹介業の許可申請をしている企業であれば少ないでしょうから、はじめて利用する際はあらかじめ確認するようにしましょう。

 

民間企業も公共機関も転職を支援するためのサービスを数多く提供しており、長引く不景気の影響で失業している人も多いことからたくさん利用されています。

 

就職活動の効率が上がるだけでなく、ライバルが数多くいる中で少しでも有利に進めることが、転職情報サイトや就職支援サービスを上手に活用すればできるので、一度どのようなものか調べてみてはいかがでしょうか。