イッサ研究所

会社員や転職者や起業家などに役立つ情報を発信するブログです。

転職の成功率が高くなる支援サービスについて

ども、ブロガー講演家のイッサです。

 

今回のテーマは、転職の成功率が高くなる支援サービスについてです。

 

 

おすすめ記事

 

機械学習はこれ一本!pythonインストール~機械学習実装まで完全理解講座 | RIN@AIベンチャー | Brain

 

【325種類】YouTuber向けPremiereスタイルデータを販売します。 | 赤津 亮太 / 赤トマト | Brain

 

【発信で月収6桁達成のテンプレ】月収6桁の中学生が一年間でやってきたこと | キメラゴン | Brain

 

f:id:destiny6711:20200412215512j:plain

転職の成功率が高くなる支援サービス

 

転職活動を開始する人の中には、ネットからの情報収集ではなく、就職支援会社を利用する方がいます。

 

効率的に転職活動をしたいときには、ネットの求人サイトがとても便利です。企業が出している膨大な量の求人が乗っている求人サイトでは、自分がどんな仕事につきたいかによって検索をかけることで必要な条件を満たす求人を抽出できる機能などもあってとても便利です。

 

サイト側は最新の求人情報を提供し、その情報に基づいてどのように行動するかを自分で決めるものが、求人サイトを活用して転職活動をする時の特徴となっています。

 

民間の転職支援会社を利用して転職活動を行う場合、キャリアコンサルタントのカウンセリングを受け求人のマッチングをしてもらいます。転職活動を進める上で迷ったり、困ったことがあったときも、転職支援サービスを利用していれば適切なサポートが受けられます。

 

自分にどんな能力があり、どんな仕事につきたいか希望している人と、必要な人材を求めている企業との仲介をする就職支援会社は、非公開求人情報を持っていることもあります。

 

自分自身が持つ能力を転職により活かす機会が得られたり、転職によって自分の持つ可能性が高まることもあり、転職支援会社の存在は貴重です。限られた期間内で、理想的な転職活動を成功させて、とても満足しているという人は、たくさんいるようです。

 

条件に合う求人を紹介してもらえるだけでなく、面接日のスケジュール調整や、応募用の書類の作成についての助言など、色々なサポートが受けられます。

 

面接の結果なども転職支援会社を通じて知ることもできますし、年収や待遇についての交渉を任せられることもあります。転職活動に取り組む時には、転職支援会社のサービスなどをうまく使って、納得のいく結果を得たいものです。

 

転職サイトとハローワークの活用

 

転職サイトとハローワークどちらの方が就職活動に向いているのでしょうか。

 

両方とも登録した上で、実際に使って判断するといいでしょう。ハローワークも登録サイトも、いずれも長所と短所があり、一概にどちらがいいとはいえません。インターネット上の転職サイトは、かなりたくさんあるので中からいくつか自分に向いている転職サイトをいくつか選ぶことが必要です。

 

サイトごとに、広く求人を掲載しているサイトから、地域や職種を限定して情報を載せているサイトなど、内容は幾つかあります。

 

希望の職種が多いサイトに絞って、求職者の登録をしてみましょう。求人情報を見て応募するだけでなく、自分のスキルや履歴書を登録して、企業画側から声をかけてもらえる仕組みもあります。

 

資格や経験のある方は有利に就職活動を進められるでしょう。

 

地元の企業や、中小企業はハローワークに求人を出すことが多いため、ハローワークでなければ見つからない求人もあります。地元での転職を考えているのならハローワークへの求職者登録をしてみましょう。

 

企業によってはハローワークからの紹介者を優遇しているところもあるといいます。

 

人を採用するときにハローワークからの人にすれば、補助金が国からもらえるというケースがあります。ハローワークでは、転職活動に役立つセミナーや、助成金をもらいながら受けることができる職業訓練の紹介もしています。

 

就職時に利用できるものは就職支援のサービスなど様々なものがあります。

 

情報はたくさん出回っていますので、どの情報が自分にとって有益かハローワークや就職支援サイトの情報を十分吟味しましょう。

 

f:id:destiny6711:20200412215733j:plain

転職活動をする際に効率的に求人情報を探す方法とは

 

どのようにして求人情報を集めるかが、転職活動では重要です。

 

最近は、求人情報を収集する手段が多様化していて、どうすればいいか混乱してしまいがちです。インターネットの求人情報サイトもたくさんありますので、希望の職種の求人が掲載されているものを探しましょう。

 

求人サイトにいくつも登録して、手に入る限りの求人情報を得ようとする人も少なくありません。

 

様々なサイトに登録していると、紹介のメルマガが多く鳴りすぎたり、一つ一つを見て回る時間がなくなったりします。転職情報を収集する時には、ネットの転職サイトに登録するのはあまり多くならないようにしましょう。

 

手広く求人情報を掲載している大手のサイトもあれば、業種や職種を絞って求人情報を取り扱っているところもあります。

 

転職に生かせるような資格がないと考えている人でも、人材バンクの登録で転職先が見つかることがあります。特定の業種で一定年数を働いたことがある人を採用したいと思っている企業は多いようです。

 

自分では特に意識していなかった職歴が、転職活動をする時に思いがけず役に立つこともあるようです。

 

今の仕事を続けながら、ハローワークに行って仕事を探し、転職先を探すという人もいて、失業前でもハローワークは便利に使えます。大企業にこだわらない人ならば、地元地域の求人情報がたくさんあるハローワークも転職活動にはたいへん役に立ちます。

 

転職活動にはエージェントを

 

転職エージェントを利用する方が、新しい仕事を探すときに、増えているといいます。

 

転職を考えていらっしゃる方の多くは、現段階で仕事に就いている可能性が高いので、転職活動に割ける時間も限られてきます。残業や休日出勤が多い仕事をされている方なら、尚更そうでしょう。けっこう多くの人が、転職のため面接に行きたくても、相手先との都合が合わなかったことで、応募をやむなく辞退した経験があるでしょう。

 

そのような時に、転職エージェントは頼りになるのです。

 

この転職エージェントというのは、仕事を探している求職者の中でも、中途採用に的を絞り、求人情報を出している企業先との仲介役になってくれるところです。転職エージェントを利用するメリットが多いことが、転職エージェントの利用者が年々増えていることからもよくわかります。

 

転職エージェントとの対談を、まず行います。

 

現在の市場の動きと照らし合わせながら、求職者の希望する仕事の紹介だけではなく、比較的転職が成功しやすい仕事先を、求職者のスキルに合わせた転職の可能性を考慮し紹介してくれるなど、さまざまな助言をしてくれます。

 

そして、ひとつのサービスとして、転職エージェントにメールで応募の意志を伝えるだけで、企業への連絡を行ってくれるというものがあります。

 

魅力なのは、毎回履歴書を書く手間が省けることではないでしょうか。転職エージェントのこのようなサービスは、すべて費用が無料で受けることができます。転職活動を、仕事を変わりたいと思ってする時には、利用してみることをおすすめします。

 

f:id:destiny6711:20200412215924p:plain

転職活動でのスカウトとは

 

転職活動でのスカウトとはどのようなものなのでしょうか。

 

実際に相談に訪れる人が後を絶たないと言われており、就職難の中でも案外転職を希望している人は多いのも事実です。一般的なのは求人雑誌やハローワークの利用なのですが、スカウト制度を人材あっせん会社で利用する人も最近では多いといいます。

 

スカウトという言葉は、人材の勧誘や引き抜きをイメージする人も多いようです。転職活動でのスカウトはそれとは異なるものです。

 

人材あっせん会社が、転職活動のスカウトでは仲介に入ることになっています。転職先を探している人は、自分の能力や実績、希望する転職先を登録します。求人を出す企業は、どんな人材を求めているかを人材あっせん会社に伝えます。

 

もはや社会問題にもなりつつあるのが、転職に関する相談も年々増加している傾向にあることです。

 

その仕組みは、会社が関心を持てば人材あっせん会社が仲介となって両者の面談の場が設けられるというものです。スカウトの仕組みは各人材あっせん会社によって異なっています。職種や簡単な条件を登録するだけのものから、詳細な履歴書や職務経歴書を作成する必要があるものなどがあるのが、転職活動中の人が登録する内容です。

 

転職スカウトを利用することで、自分では想定していなかった企業から声がかかることもあります。

 

自分自身では気づかなかった可能性が拓けることもあるでしょう。転職市場での自分の価値を知るきっかけになることもあるのが、転職活動でのスカウトです。