イッサ研究所

会社員や転職者や起業家などに役立つ情報を発信するブログです。

転職と評価されやすい志望動機について

ども、ブロガー講演家のイッサです。

 

今回のテーマは、転職と評価されやすい志望動機についてです。

 

 

おすすめ記事

 

ブログ型アフィリエイトの完全講義【ブログ歴6年の僕の集大成です】 | マナブ | Brain

 

【完全解説】自身のサービスをたった一人で開発~販売、15日間で70万2000円を売上げた方法と過程記録 | はんざわふうま | Brain

 

IT技術者入門:コンピュータに詳しくなろう!【基礎情報技術者入門】 | ナオディン | Brain

 

f:id:destiny6711:20200323203547j:plain

転職と評価されやすい志望動機

 

転職の志望動機を伝えるうえで大切なのは、人のマネではない自分のオリジナルの内容で伝えることです。

 

志望動機は転職するときに、採用する側が評価したり選考する場合に大事な材料となります。よくある御社の将来性、安定性などは言うのは簡単です。たくさんの人がこのようなありきたりの言葉を面接で使っているのではないでしょうか。同じような言葉を志望動機を述べるときに言っているので、使っている人はその他大勢の中に埋もれてしまうことになるでしょう。一般的な内容では無く、オリジナリティーのある志望動機でなければ、高い評価を得られないのです。

 

志望動機で面接の評価をアップさせるために大事なのは、自分が会社にとってどんなふうにプラスになるか、実際にどんなことをやってみたいかなどを述べることです。

 

丁寧に会社について調べておくことが、志望動機できちんと内容を伝えるためには大事なことだといえます。会社のホームページなどを良く確認するのは当たり前で、中には現在勤めている人に会って詳しい内容を聞いている人も少なくないようです。志望動機を会社の中身をしっかりと調べてから練り上げれば、きちんと印象付けることができるでしょう。

 

使い古された言葉が通用するほど、転職活動の面接において志望動機を述べることは簡単ではありません。転職の志望動機は、自分が志望する会社に合わせて、十分に情報収集をした上で慎重に考える必要があるのです。

 

f:id:destiny6711:20200323203744p:plain

転職で面接を受ける際の動機の説明

 

多くの人が、転職を志す契機にするのは、人間関係がこじれたり、会社に居づらくなったりと、よくない理由ができたことが多と言われています。

 

人間関係、給料面のほかにも職場の雰囲気など、今現在勤務している会社で、どうしても我慢できないことが、転職の動機になる場合もあります。とはいえ、今の仕事に特に不満はないけれど、ちょっとした弾みで魅力的な会社の存在知り、転職を希望するようになったという動機もあります。転職の動機には、今任されている仕事より、もっと大きなプロジェクトを手がけたくなったからだという人もいます。

 

これまでどんな仕事をしていて、将来的にどんな仕事をしたいと思っているかでも、転職の動機は違いがあります。

 

せっかく採用しても、あっという間にやめてしまうような人は、できれば採用したくないのが企業側の本音というものです。前の会社でトラブルを起こしたり、不条理な不満を溜めて辞めたという人は、次の採用が困難になります。転職で面接を受ける際に気をつける点は、たとえ本当のことであったとしても、絶対に前の会社の不平不満を言わないことが大切です。反対に、以前の会社ではこういうプラスの経験を積んできたという肯定的な話をするようにします。

 

近年では、採用面接を突破するためのポイントをまとめた本も出版されていますが、そっくり引用すると逆効果です。

 

面接マニュアルに目を通したとしても、一言一句まるのではなく、自分の言葉を適度に挟むことなの。転職活動中に採用面接を受けることになったら、前の会社に不満かあったとしても決して悪くは言わずに、肯定的な言葉を使って動機を語ることです。