イッサ研究所

会社員や転職者や起業家などに役立つ情報を発信するブログです。

転職するのに資格があると有利になるのか?

ども、ブロガー講演家のイッサです。

 

今回のテーマは、転職するのに資格があると有利になるのか?です。

 

 

おすすめ記事

 

【ゲーム飯】ゲーム系YouTubeチャンネル運営の教科書(オンラインサロン参加権付き) | 支配人ミル | Brain

 

心もお金にも潤いを。100年時代を生きる為のワーク | 心理学者 Ryo | Brain

 

【325種類】YouTuber向けPremiereスタイルデータを販売します。 | 赤津 亮太 / 赤トマト | Brain 

f:id:destiny6711:20200323163057j:plain
転職するのに資格があると有利になるのか?

 

資格を取得しておいたほうが、転職がうまくいくかについて検討したことはありますか。

 

多くの場合、会社の意向ではなく本人の意向で今の会社を退職し、転職先を探すことになったというケースになるようです。転職をしたいと思うようになったきっかけは、一体どこにあるのでしょう。

 

現在の仕事の何が不満に感じるかは、人によって違います。人間関係の悪化や、待遇、仕事の内容などがよくある例です。

 

人と人との関係性や、仕事の内容については、新しい会社にいっても同様のトラブルが起きる可能性がありますので、対処ができないこともあります。待遇や、給与面では、予め情報集めをして、条件に合うところを探すことができます。給料については、実務経験や、資格によって手当がプラスされることもありますので、この機会に資格を取るのもいいでしょう。

 

条件のいい求人は、たくさんの人が応募しますので、その中から自分が頭一つ出なければ採用されません。

 

求人数も多くなり、転職を成功させている人も少なくないですが、依然として転職活動に行き詰まっているような人もいます。企業サイドからすれば、経験がない人を採用するより、ある程度の経験を積んでいる人や、実績のある人のほうを好むものが普通です。

 

既に資格を持っている人や、実績を持っている人なら、人材教育にかかる費用を減らすことができます。企業サイドから見れば、研修教育を行う必要がない人を雇い入れたほうが、現場で活躍する人材をつくるための費用を減らすことができます。

 

f:id:destiny6711:20200323163205j:plain

 

転職や就職に資格を利用する

 

転職にも資格があることで、不況の時代でも有利に働くという話をよく耳にします。

 

有資格者と転職に有利な条件はまったく違う話なのが実際のところです。いろいろと転職できる会社の選択肢を増やすことが、資格を持っていることでできます。取れる資格は、ぜひ取っておいた方がいいのは、さまざまな手当てが資格を持っていることでつき、収入の面でも優遇されることがあるからです。

 

リストラを経費削減のために企業は行っており、不況の時代に合わせて合理化を図っているのです。

 

不況の際に資格を持っていることで、企業からリストラされにくいメリットがあります。安い人件費を求めて工場を海外へ移転する企業も増えています。今後は就職や転職に関する状況はさらに厳しくなることが予想されます。かなりの努力が必要なのは特に新卒者の場合で、キャリアがない分、自分の思い通りに就職活動を行うために頑張らなくてはならないでしょう。

 

最近の傾向としては、少しでも他のライバルに差をつけるためにさまざまな資格を積極的に取る人が増えているようです。

 

合格することが難しい、いわゆる難易度の高い資格をできるだけ持つことが、新卒者のとって大事なことです。場合によっては一度就職した後に、転職として違う分野の仕事や会社で働きたいこともあるでしょう。とりあえずその分野で行かせる資格を取り、できる限り転職に利用する方法もあります。

 

転職に有利な資格の条件

 

仕事に使える資格を取っておくことで、転職活動を有利に進めることができるのではないでしょうか。

 

会社の人事担当は、転職活動者の履歴書に目を通す時には資格欄を確認します。資格によっては書かない方がいいものもあります。希望の業種に直接関係する資格ならたくさん書いてもいいですが、何も全部書かなければならないものではないようです。

 

全く畑違いの資格を数多く持っている人に対しては、採用会社側は、自分の会社をなぜ希望したのか不思議に思うこともあります。

 

営業を希望しての転職活動だったにもかかわらず、簿記資格を履歴書に書いていたために経理になってしまったという話もあります。ただし、資格のために勉強し自己研鑽に励む姿勢をプラスに評価する会社もありますので、資格の書きすぎは良くないとは一概に言い切れません。アピール出来ない事をとりあえず書くような、安易な履歴書を提出しないようにしましょう。

 

転職先の企業が求めているのは資格だけではないことも頭に入れておきましょう。資格に加えて、どのようなアピールができるかも考えましょう。

 

実務経験をどのくらい求められるかは企業によってまちまちです。転職者にはやはり1~3年程度の経験を求める場合が多いようです。相手企業がどういった資格保持者を求めているのか、どんな分野の経験者を必要としているかをあらかじめ知っておきましょう。

 

会社側が戦力として欲しいと考えている人材をおおよそでも把握することが大事です。それらの情報を元に、資格を活用して転職を成功させましょう。

 

有資格者の採用情報

 

この頃は、看護関係や老人ホームの介護士など、福祉や医療に関わる採用の情報が多くなっています。

 

日本は現在高齢化社会へと向かっており、看護師の免許を持っているという人や、介護関係の仕事ができる人を雇用したいという企業が多く存在しています。会社によっては、資格を持っていない人でも採用してから資格取得をバックアップするというところもあります。資格があるなら、職歴や働いていなかった期間の長さ等は関係なく採用を検討するという会社はたくさんあります。

 

様々な仕事の中でも、社会の変化に伴って特に介護関係は必要とされています。

 

想像以上に重労働で大変さを伴う介護業務は、会社としては若い人になってもらって人材増強をはかっていきたいのではないでしょうか。必然的に採用や求人の条件が充実した内容になってきているのではないかと考えられます。通訳や翻訳ができる人、ビジネス英会話に堪能な人など、言語に関する資格がある人もいます。

 

外資系の企業や貿易関係の仕事を扱っている企業が採用を出していることが多いようです。

 

このような場合、スキルの高さを評価されると極めて高めの給料で働けることがあるようです。有資格者である事と実務経験のスキルの高さの両方を求められるケースが多くあるのも事実です。新しい仕事に、より良い環境を期待するのであれば、採用に有利になりそうな資格を取りつつ今の仕事を継続し、まめに採用情報を調べてつきたい仕事についての情報を探しましょう。