イッサ研究所

会社員や転職者や起業家などに役立つ情報を発信するブログです。

【日本崩壊化】コロナの影響で企業の休廃業・解散、5万件超!

ども、ブロガー講演家のイッサです。

 

今回のテーマは、コロナの影響で企業の休廃業・解散、5万件超!です。

 

おすすめ記事

 

【初心者向け】カッコいいWordpressブログ作成講座(完全版) 【小学生でもできる】 | じょうまさふみ | Brain

 

ブログ型アフィリエイトの完全講義【ブログ歴6年の僕の集大成です】 | マナブ | Brain

 

【ニーロク】2億6000万円をネットで稼いだ方法を完全公開~イケハヤさん、マナブさんとも違うBrain(ブレイン)もNote(ノート)も使わない副業副収入~アフィリエイト報酬50% | 石川たくみ | Brain

 

f:id:destiny6711:20200726172431j:plain

企業の休廃業・解散、5万件超も、今年見通し、コロナと後継者不在で

 2020年に休廃業に追い込まれる企業は全国で5万件を超える可能性が高まってきた。

 

経営者の高齢化や後継者に加え、十数万人の雇用が失われる恐れがある。地域経済への打撃は甚大である。

 

自治体や金融機関も含めた対策が急務です。

 

東京商工リサーチによりと現行の集計を始めた13年以降で5万件を上回れば、初めてとなる。

 

19年は4万3348件だったが、今年は大幅に増えるとみている。

 

休廃業・解散とは別に倒産件数も20年に7年ぶりに1万件に達するとの見方がある。

 

新型コロナウィルスの影響が現れるのはまだこれから

これはまだ序章に過ぎないのかもしれません。

 

新型コロナウィルスが流行ってすぐに休廃業や倒産が来るのは時期尚早でしょう。

 

むしろこれからもっと増えてくる可能性が高いです。ものすごい数の失業者が出てくるでしょう。

 

これからドミノ倒しみたいに連鎖倒産が出てくる可能性が高まっています。

 

休廃業や倒産のラッシュは第2波が必ずやってくる?

 

これは9月以降に休廃業や倒産に第2波がやってくる可能性は高い。

 

持続化給付金などの給付金や補助金を使い切るのが9月ごろなんで、一番危ないのは9月以降は本当に企業にとって一番危ない時期になります。

 

あとは東京オリンピック中止がこの時期に決まる恐れがあります。

 

そうなるともう休廃業や倒産ラッシュは避けられず、今までに経験した事がない失業者で溢れかえる可能性があります。

 

不動産業はこれから厳しくなっていくと思います。

 

特に東京オリンピックが中止になったら、不動産は暴落するでしょう。このときに投げ売りが出て、不動産下落は止まらない可能性が高いです。

 

一寸先は闇なので、今の日本経済は油断ならない状況なんで、色々対策を考えて頑張っていきましょう。