イッサ研究所

会社員や起業家などにちょっと役立つ情報を発信するブログです。

第88回 やることがたくさんある場合、どうやって乗り切るのか?

ども、ブロガー講演家イッサです。

 

f:id:destiny6711:20191225220457j:plain

今回のテーマは、やることがたくさんある場合、どうやって乗り切るか?です。

 

みなさんもやることが多すぎてできないわっていう経験ありますよね。

 

こうなったら時、僕は結構メンタルやられるんですよ。

 

でも、冷静に対処すれば、結構いろいろやれるんですよ。

 

では、早速行ってみましょう。

 

 

やるべきことがたくさんある

やることがたくさんあって手が回らない。

 

何から始めていいのかわからない

 

途方にくれる。

 

どうしていいのかわからない。

 

ToDoを忘れてしまう。

 

解決できれば、割と人生変えられます。

 

プロジェクトリーダーとして働いていた体験談

 

効率化と最低限の力でアウトプットする。

 

f:id:destiny6711:20191225225016j:plain

やりたいことを効率的にできる方法

1.やるべきことを全て書き出す。

 

全て書き出そう。ToDoリスト

 

プロジェクトなら、Excel管理する。

 

個人レベルなら紙管理する。

 

誰がいつまでに何をするかを管理する。

 

メールの未読で管理する。

 

忘れないように全て書きだして管理するのがベスト。

2.重要度、作業時間、効果を書く

 

重要でないことは、タクスから削除する。

 

簡単にできて効果が高いものからやる。

 

重要度と緊急度の軸を考える。

 

絞り込む方が大切です。

 

エッセンシャル思考でいきましょう。

 

3.必要なら計画を立てる。

 

ツールを使うより、まずは試行錯誤して管理する。

 

4.マルチタクスをする。根を詰めない。

 

並行して進める。

 

シリアルだと、行き詰まる。

 

予想外の事に早く気がつく。

 

一つのことをやり続けるとスランプに陥る。

 

間を開けることで脳が活性化する。

 

5.人に依頼する仕事から振る。

 

人に依頼しないといけない仕事から振る。

 

自分一人でcloseできるものは、最悪徹夜でもなんでもすればいい。

 

6.100%を目指すな。合格ギリギリを狙う。

 

使える時間から逆算する。

 

1日4時間使える。

 

4時間でできる方法を考える。

 

優先度、重要度、費用対効果を考える。

 

YouTubeを毎日更新したいなら、1日2時間以内で更新できる方法を考える。

 

7.雑務はすぐ処理する。タクスを残さない。

 

すぐできる雑務はまとめて処理する。

 

処理したら、忘れ去る。

 

ToDoを減らし、管理を楽にする。

 

気も楽になる。

 

雑務を抱えすぎるて忘れる人が多い。

 

業務効率の改善をして足元から固めよう。

 

より少ない時間で効率良く物事を進められますので、頑張っていきましょう。